受験生を持つ親必見!受験生に対する親の接し方6選!

受験生を持つ親必見!受験生に対する親の接し方6選!

保護者の役割①

今の子供は夢や目的もなく大学受験をしたり、自分はしっかりとした将来のビジョンがあるにも関わらず、親に勝手に進路を決められて、それに従うしかなかったりします。しかし、親の本当の役割としては子供を後ろから支えてあげることだと思います。例えば、子供が何かに迷っていたら何かアドバイスをしてあげたり、自分の意見を強要するのではなく、まずは子供の意見を尊重してあげることです。

保護者の役割②

大学受験を控える子を持つ保護者が子供と会話をするときどのような会話をしたらいいか分からなくなると思います。そういう時、どんな会話をしたらいいかというと、例えば、保護者は絶対に子供より長く生きていて、多くの経験をしているのだから、その経験でのたくさんの失敗談について話してあげるのがいいと思います。そうすることで成功することよりも、失敗を恐れない気持ちを学んでほしいと思います。

保護者の役割③

今時は、大学選びや就職活動がマニュアル通りになっていて、安全な方法で決められたことだけをやって満足してしまう風潮があります。何事も嫌いなことは避け、好きなことだけをし続けても成功しないです。だから、親御さんは子に安全なマニュアル通りの道を押し付けるのではなく、子に自分自身で様々なことを経験させることが大切だと思います。

保護者の役割④

子供と話すときどういった環境で話すかも重用だと思います。例えば、家の中でテレビも見ずに一対一で話そうと思ったら、子供の方も緊張して本音を話せなくなると思います。なので、家族で車で出かけた時などに音楽をかけながら自然と軽い気持ちで聞いてあげる方が子供的にも話しやすく、良いと思います。

保護者の役割⑤

最高の話し相手になってあげることが大切だと思います。子供は受験期間、毎日勉強で息抜きする時間や友達とかと話す機会が減ると思います。そういった子供はやっぱり、自宅にいる時が一番心が安らぐと思います。その時に子供が話しかけてきたら、優しく聞いてあげてください。そうすることで子供は少し心に余裕ができると思います。

保護者の役割⑥

子供は受験勉強があるのに、それプラス受験の情報も一人で調べてたら頭がパンパンになってしまうと思います。子供が自分で調べることも大切ですが、少し困った時に保護者から何かアドバイスがあったらすごく助かると思います。そのために保護者も受験の知識は知っておいた方がいいと思います。

まとめ

保護者はやっぱり、子供にとって頼れる存在でいなければならないと思います。子供が何かに困ったとき、優しく話を聞いてあげ、一緒に悩み少し道導を示してあげることが大切だと思います。そうすることで子供の心に余裕ができ、また勉強に集中できると思います。受験は子と保護者が一緒に成長できる機会だと思います。