キャリアプラン

2/2ページ

弁護士なのに低所得?高1から考えるべき偏差値と就職後の給与の関係

学生の時の勉強の出来具合が、必ずしも就職後の給与額と一致しない場合があります。私は小・中・高・大と大体学年1~3位の成績でしたが、その時成績を争った同級生たちと現在の状況を比べると、良くも悪くも「え!あの子が!?」という場合によく直面します。給与が全てではないとはいえ、学生時代の努力が報われてほしいと考える方もいると思いますので、単なる興味や夢だけでなく人生選択としての受験について書かせていただきます。

受験に求めれるものは一体何か?大学受験の本質をお伝えします

タイトルに驚かれた人も多いのではないでしょうか?なんか哲学みたいですね。そもそもみなさんはなぜ勉強をするのでしょうか。大学に進学したいのでしょうか。「知識」をつけるため?もちろん、大切ですよね。しかし、真の目的というのはみなさんが「人間社会で生きる」ためのものではないでしょうか。その「生きるため」に必要とされているのが情報処理能力です。これは職業や年収に関係ありません。全ての人に求められる能力です。ここでは大学受験だけではなく、将来にも役に立つ情報をお伝えいたします。

受験という苦難を乗り越えられるかによって今後の人生が変わる⁉︎

大学受験はTeen agerの中で一番の苦難と言えるだろう。壁にぶち当たった時、それを乗り越えられるか、乗り越えられず逃げるかによってこれからの人生で待ち受けるたくさんの壁(苦難)に立ち向かえるかが決まると言っても過言ではない。そんな苦難の真っ最中の受験生達に乗り越える方法を少し提案します。

受験との向き合い方を考える。3つの考え方とは

こんにちは。Hyrokyと申します。今回は高校受験を控えている受験生の皆さんに向けて、家庭教師と塾講師を経験した私が伝えたいことを綴ろうと思います。私自身、今受験を控えている生徒をもち試行錯誤の日々を送っているわけではありますが、生徒を指導する上で必ず伝えている三つのことを紹介します。

リハビリ専門職に興味のある方へ!

最近はますます高齢化が進み、病院、施設を必要とする方が増えています。病院の入院待ちや施設の入所待ちがでる程となっています。それに伴いリハビリテーションを必要とする人も増えている現状です。これからはリハビリテーションの時代になると言っても過言ではありません。今回はそんなリハビリテーションの専門職について少し紹介します!

大学院に進学するか否かは大学受験前に考えておくべきか?

理系の場合、大学卒業後に大学院に進学する人は半数近くにも上ります。なぜなら大学院を修了すると、専門的な知識を要する研究職や開発職などの職種に就きやすくなるからです。一方で、専門性が高まる分、大学卒に比べて就ける職種は多少なりとも狭くなってしまいます。大学院に進学するか否かは大学受験前に考えておくべきなのでしょうか。

米国留学のコツは自己分析から!自分に合った留学を見つけよう!

アメリカの大学へ行きたいと思っていても、どうしたらいいか分からないという生徒さんは多いのではないでしょうか。そこで、具体的な大学を決める前に、自己分析を行って自分に合った留学スタイルを見つける方法を紹介します。アメリカにも様々な高等教育機関があり、四年制大学も一年生から入学するだけでなく、短大から編入するのも一般的で、何が一番合っているのか悩むところですね。