【合格体験記】「もう次はない」ラスト1ヶ月の猛勉強で平田ゆいさんが合格したワケ。

【合格体験記】「もう次はない」ラスト1ヶ月の猛勉強で平田ゆいさんが合格したワケ。
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

こんにちは!tyottoの小形です。

 

先日、tyottoが神奈川県で運営する塾Withdomの卒塾生で第一志望校に合格した平田ゆいさん(文教大学付属高校)にインタビューをしました。

 

4月から通塾を開始するものの8月までは部活との両立に悩み苦しんだ平田さん。

AO入試が不合格となり、「もう次はない」という状態で何とか掴んだ合格…。

 

今回は、そんな平田さんが第一志望校に合格できた理由を直接本人に聞いてみました!

 

受験生やこれから受験勉強を始める予定の高校生の人は、ぜひこの記事を読んで明日からのやる気アップやモチベーションアップに繋げてくださいね!

 

 

平田ゆいさん

昭和女子大学国際学部1年生。文教大学付属高校出身。中学高校時代は水泳部に所属し、現在は英語を中心に大学で勉強中。超ポジティブ。

 

 

入塾の決め手はまさかの“フィーリング”

 

ーーひさしぶり!…って、こないだ小杉駅でばったり会った以来か(笑)大学生活は充実してる?

 

あんまり久しぶり感無いですね(笑)

 

大学生活は充実してます!けど、課題がたくさんあって大変です…。

 

ーー課題は大変だよね…。何はともあれ充実してるみたいで良かった!女子大はどう?入学前のイメージと違ったりする?

 

うーん、思っていたより楽しめていると思います!

 

中高は共学の学校だったので、
「人間関係でギスギスしないかな?」とか「馴染めるかな?」なんて不安も最初はありましたけど、実際に行ってみたらイメージと違いました。

 

案外、女子だけの環境も悪くないんだなって感じです!今のところ楽しめています!

 

ーーいいね!そんな充実した大学生活を送っているゆいちゃんに、早速受験期を振り返るインタビューをしていこうと思います!よろしくお願いします!

 

よろしくお願いします!

 

ーー早速だけど、最初Withdomをどういうきっかけで知ったの?

 

高校3年生になるタイミングで個別指導の塾を探してて、何個か体験授業を受けたり見学に行ったりしていました。

Withdomもその候補の1つで、確かネットか何かで見つけたんだと思います。

 

ーー個別指導塾を探してたんだ!個別指導塾って武蔵小杉にはたくさんあると思うんだけど、どうしてWithdomを選んだの?

 

……。フィーリングです!

 

塾って何か「暗い」、「堅い」っていうイメージが自分の中にはあって、実際に何個か見学しに行ったときも居心地の悪さを感じました。

 

けど、Withdomだけは真逆だったんですよね。

塾っぽくないというか(笑)

 

居心地の悪さとかいづらさとかが全く無くて、ここなら頑張れそう!って直感的に思ったのが決め手でした!

 

 

勉強習慣がないところからのスタート

ーー実際に受験勉強を開始してからはどうだった?大変だった?

 

大変でしたね。

 

私は水泳部に所属していたんですけど、部活は基本毎日18:00まであって、しかも引退も8月だったので毎日勉強することを習慣にするのに苦労した記憶があります…。

 

ーーたしかに、毎日部活大変そうだったよなー。どうやって毎日勉強できるようになったの?

 

できる限り教室に行くようにしていました。家だと全然できないので(笑)

 

塾に行けばみんな勉強しているから自然と「やらなきゃ!」っていう気持ちになるし、

Withdomは毎日のやるべきことを明確にしてくれるから迷わずに勉強できました。

 

ーーあえて“勉強する環境”に身を置いてたんだね!成績は順調に上がった?

 

うーん、順調には上がりませんでしたね…。

 

やっぱり毎日部活もあって勉強時間も十分に取れなかったし、自分の中でも「まだ本気になれてないな」っていう感覚がありました。

 

実際、10月に昭和女子大学のAO入試を受けた時は不合格になっちゃって。

英語は力を入れて勉強していたつもりだったんですけど、全然取れなかったんですよね。

 

ーーそっか…。AO入試で不合格になった後は落ち込んだりしなかったの?

 

少しは落ち込んだんですけど、この不合格をきっかけに「やばい…」っていう危機感に襲われました。

 

一般入試も一応見据えてはいたんですけど、自分の中では公募推薦かAO入試で決める予定だったので、AO入試がダメだとチャンスはもう公募推薦入試しか残ってなくて。

 

ーー追い込まれた状況になったわけだ。勉強へのモチベーションはどうだった?

 

不合格っていう現実を突きつけられて、ようやくそこで「本当に頑張らないとやばい」ってなったんですよね。

 

だからそこからは猛勉強しました。多分今までで一番勉強したと思います(笑)

 

1ヶ月で英単語を1500個覚えて、熟語も800語くらい覚えたと思います。

 

ーー単語1500!?それはすごい(笑)

 

自分でもびっくりです。

「これまでの半年は一体何だったんだ…」ってすごく思いましたもん(笑)

 

そのおかげもあって今まで全然伸びなかった英語が伸びて、公募推薦入試当日は「いけた!」っていう手応えを感じることができました。最終的に公募推薦で何とか合格することができました!

 

 

“本気で”勉強して良かった

ーー最後の最後で合格できて本当に良かったな(泣) 今になって受験期を振り返ってみるとどう?

 

受験勉強して良かったなって思います!

私は今まで本気で勉強したことがなくて、勉強したくないから附属高校に行ったくらいですもん(笑)

 

たった最後の1ヶ月でも、本気で勉強できて良かったなって思います。

 

ーー受験勉強を通して本気を経験できたのか!これからは何を“本気”で頑張る予定?

 

自分の将来を明確にしていくことですね。

 

もともとCAとか英語を活かせる職業が良いなと思ってたんですけど、

大学生活を送る中で最近は色々考え直すようになりました。

 

簿記の資格を取ったり、留学したり…。少しずつ明確にしていく予定です!

 

ーー可能性しかないな…!最後に、ゆいちゃんにとっての「Withdomとは」を教えてほしい!

 

私にとってのWithdom…。

 

“暖かい場所”

 

ですね!

 

社員さんも講師の人もフレンドリーだし、授業外の時間でプリントを作ってくれたりすごく自分のことを考えてくれました。

やることがわからない人、今まであまり勉強していなかった人はぜひWithdomへ!笑

 

 

ーーおお、宣伝もありがとう(笑)今日は協力してくれてありがとう!留学する前にまた来てね!

 

はい!ありがとうございました!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「本気で勉強する」

 

これから受験勉強をする高校生のみなさんは、本気で勉強できそうですか?

本気で勉強するには、「何としても受かりたい!」、「将来の〇〇のために頑張る!」というようなモチベーションが大事になります。

 

もし、この記事をお読みで、

 

「本気で頑張れそうにない…」

「今いち勉強に身が入らない…」

 

という方がいれば、お気軽にご相談ください!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio