南下政策をロシアがした理由とは?簡単に解説|世界史勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

ロシアは、不凍港(凍らない港)を目的として南下政策を始めた。

大国ロシアが港を得て海洋進出をしてくることは、当時の各国にとってかなりの脅威だったから、

ヨーロッパの各国はなんとかしてこれを阻止しようとする。

この南下政策を阻止しようとする対立が、この時期の国際衝突の大きな理由の一つ。

 

【ヨーロッパにおける南下政策】

ロシアは、ヨーロッパでの南下を進めるために様々な外交や戦争を行った。

  • オスマン帝国との外交政策 
  • クリミア戦争 
  • エジプト・トルコ戦争 
  • 露土戦争 
  • シベリア鉄道の建設 

このようにいくつもの外交政策や戦争を繰り返して、ロシアは南下政策を進める。

ここで転機となったのは『露土戦争』 

 

【対アジアへの方向転換】

露土戦争の後、ロシアはバルカン半島の支配権を得る。

だけど、これに危機感をもったドイツ帝国が、バルカン半島への支配を破棄させる。

これによってヨーロッパでの南下政策に限界を感じたロシアは、弱体化していた清国、極東への南下政策に方向転換をするようになったってわけだ!

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio