大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

親が子どもにできること!親のサポートが合否を分ける!

子供の気持ちと向き合い、受け止める

子供は大人と違って遠い未来、先のことをあまり深く考えたり、見通したりすることが苦手です。なので、志望校やなりたい職業はあってもそのための目標設定などはあまり得意ではありません。そこで、親はそのためのやる気をしっかりと引き出してあげることが大切です。日々の勉強の繰り返しではすぐに飽きてしまったり、もともとの夢、志望校への気持ちが薄れてしまいます。勉強しないなら受験はやめてしまいなさい!などと叱ったりせずに、しっかりと話をしたり、前向きになる言葉をかけてあげましょう。そして、すぐ目の前の試験や模擬試験などに目標を設定してあげることも大切です。

宿題や塾への対応をサポート

受験のための塾や家庭教師、通信教育など勉強の仕方はさまざまです。しかし、その効果的な利用法をしっかりとサポートしてあげないと、予習復習、宿題などに追われてしっかりと理解して次に進むことができなくなってしまいます。まずはそれぞれの時間の使い方、理解度をチェックしてあげましょう。まずは中学・高校受験なら勉強の内容やどう思っているかなどを会話をしてみましょう。講師にも授業のスピードや、解説の仕方、誉め方・叱り方が色々です。子供に合った勉強方法なのかしっかりと把握してあげましょう。大学受験なら、それに対する子供の意見もあるはずです。一番その子にあった勉強スタイルを早く確立させてあげることがすぐに結果が出る近道になるでしょう。

テストのやり直しと宿題、どちらに重きを置くか?

テストのやり直しはとても大切です。そのテストで何点取れたか、偏差値何だったかよりも、最終ゴールである受験までに間違えた個所が見つかることがとても大切なのです。間違えた問題をどんどん解決していくこと、次に絶対間違えないようにすること、それを増やしていくことが普段の勉強の何倍も効果があるのです。宿題ももちろん大切です。しかし、宿題は日々の勉強のペースを作っていくもの、ぐらいに思ってください。一番はテストよりもそのテスト明けの復習です。テストはそれら復習のためのもの、真の目的はそこにあるのだと理解してください。そして、ケアレスミスの本当の原因を突き止めましょう。そこが対処できればかなりの確率でケアレスミスをなくすことができます。

生活リズムをサポート管理!

夜の方が静かで集中できると夜型の勉強スタイルの子供が多いことでしょう。しかし、実際の試験は午前中から始まります。その朝にしっかりと頭が働いていないといけません。脳のリズムは簡単には改善されません。日々の勉強スタイルを朝型にして朝すっきりと頭が冴えている状況を作ってあげましょう。朝はちゃんと起こして、朝ご飯をしっかりと食べさせることです。朝ご飯を抜く人も多いですが、これは脳のためにはとても悪いです。そして、その朝ご飯も炭水化物だけではなく、一緒に魚やごま、のり、卵、野菜・果物なども摂取することでゆっくりと血糖値が上がり、すぐに下がらないので眠くなるという症状もなくなるのです。健康面をしっかりサポートしてあげましょう。

最後に・・

受験は本人だけでなく家族全体で取り組んであげることが、子供の精神面サポートの上でとても大切なことです。遠くから見守ること、近くで叱咤激励してあげること、色々な角度からのサポートが必要ですが、受験を乗り越えるために一緒に取り組んであげてください。
そうして、受験を乗り越えたとき、その子の将来も更に広がりますし、家族の絆も深まることでしょう。頑張ってください。

おすすめの記事

子供のやる気が急降下? 親が注意すべき5つのポイントとは

2018/11/08

受験生を持つ親必見!受験生に対する親の接し方6選!

2018/11/08

勉強したの? は逆効果?子どもが嘘をつくのは親のせい?

2018/11/08