大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

高校受験を控えるお子さんを持つ親必見!受験で燃え尽きず高校でスタートダッシュが切れるたった1つの勉強法

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

第一志望、本当にここでいいの?

 ほとんどの中学3年生は、夏には部活を引退して、来年行われる高校入試に向けて勉強に励んでいると思います。第一志望に合格するべく、3年間の勉強の復習をしている人、過去問を解いている人など色々だと思います。
 そんな中、保護者の方の中にはこんな心配をしている人も多いのではないでしょうか。
「うちの子、○○高校に合格したら、他の子についていけるかしら」
「○○高校って授業のスピードが速いから、他の高校がいいんじゃないかな…」
 毎年、多くの中学3年生の保護者と面談する中でしばしば聞かれる言葉です。
 私は、そのような心配をすることは大変良いことだと思います。大事なのは、それに対してどういう風に対処するかということです。

実際にいます!燃え尽き症候群。

 勿論、第一志望に合格することは、尊いことではあります。「高校に入ってからのことをそんなに悩まなくても…」と思った人もいることでしょう。
 しかし、毎年不幸なことに「不安」が的中してしまう人もいます。
 ある年の春、第一志望に合格し、春休みを迎えていた男子です。
 「ねぇ先生、春休みに高校から宿題が出たんだけどさ、教わってないことだから全然わからなくて…入る高校間違えたかな…」
 合格から1か月も経っていないんですが、その時の喜びはすっかりどこかに行ってしまったようです。
 このような状態を放っておいて高校に入学してしまうと、勉強についていけなくなってしまう「燃え尽き症候群」になってしまうのです。

原因は「問題集のやり過ぎ」?

 さて、先ほどの男子ですが、私なりに「どうしてそのような状態になってしまったのだろう」と考えてみました。
 その子が中学3年生の受験期にどのような勉強をしていたのか、本人が何で春休みの宿題をこなせないのかを聞きながらわかったこと、それは、
 「この子は問題を多く解くことで理解した気になっていた」ということです。
 たくさんの問題に向き合うことは決して悪いことではありません。高校入試の対策としては有効なことが多いです。しかし、そこに1つ落とし穴があるのです。

「何となくできるようになる」だけなんです。

 問題を数多くこなすことで、入試問題が解ける理由。それは「あ、この問題あの時解いた問題に似ているな、だから答えはこれなんじゃないかな」という風にして解けるようになるからです。 
 意外と思われるかもしれませんが、その地域のトップ校に入る子でもそのような感じで入試を乗り切る子は多いんです。いや、トップ校だからこそ多いのかもしれません。しかし、この方法では、「聞いたこと、読んだことをしっかりと理解しながら勉強を進める」ことがおろそかになってしまうのです。
 こうして受験を乗り切ってしまうと、いざ新しい内容を教科書や参考書から得ようとしたときに、そこから学び取ることができなくなってしまうんです。
 「また高校でも多く問題をこなせばいいじゃないか」と思うかもしれませんが、高校になると教科も増え、当然ながら学習する内容も難しくなります。そんな中で「量をこなす」ことで乗り切るのは不可能に近いのです。

やるべきは、問題集を1つに絞ること!

 「燃え尽き症候群」にならないためにやるべきこと。それは受験に使う問題集を1つに絞ることです。
 受験に使うのは、過去問と選んだ問題集だけ。問題集は、塾の問題集があればそれでよいですし、塾に行っていなければ、まとめと全国の高校入試の過去問が載っているものが良いと思います。それを使って受験に臨むことができれば、高校に入学した後でも大丈夫です。
 なぜかというと、そのような勉強を通して「1つ1つの文章を自分なりにかみ砕いて理解して学習していく」ことが身につくからです。
 その力があれば新しいことを学習することにも積極的に取り組むことができるようになります。高校受験というのはそんな力を身に着けていくいいチャンスでもあるのです。

高校の先には大学がある。それを見据えた勉強を!

 いかがだったでしょうか?
 これを読んだ中学3年生の皆さんは、ぜひ自分が使っている問題集の中から「これだ!」と思うものを選んで、徹底的にそれをやりましょう。何度同じ問題を解いてもかまいません。どうしてもわからないことがあったら学校や塾の先生にわかるまで聞きましょう。
 保護者の方がこれを見ていたら、お子様の使っている問題集を見て、本当に必要な問題集はどれかを選んでみましょう。お子様と話をして「これだけはしっかりやらないとだめだ」という問題集を1つ決められるといいですね。
 ほとんどの生徒にとって高校入試の次には大学入試が控えています。そこで戦えるだけの勉強の力をつけていきましょう!
 
 がんばれ受験生!

おすすめの記事

子供のやる気が急降下? 親が注意すべき5つのポイントとは

2018/11/08

受験生を持つ親必見!受験生に対する親の接し方6選!

2018/11/08

勉強したの? は逆効果?子どもが嘘をつくのは親のせい?

2018/11/08