法治主義と徳治主義の違いをわかりやすく説明!|倫理勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

中国の思想家といえばまず「孔子」が思い浮かぶよね!
今回は、孔子が生きた時代に主流だった「法治主義」と孔子が唱えた「徳治主義」について説明するよ!

 

【法治主義】

法治主義とは、

 

法律の力で国を治めようとする考え方

 

この思想を説いたのに「韓非」って人がいるよ。 

当時はこの考え方が主流で、中国を統一した秦は、法律と権力によって一大国家を築き上げ、多様な民族をまとめあげたんだ。

 

【徳治主義】

上の法治主義に異議を唱えたのが孔子
孔子の思想の根底にあるものは「」であり「道徳」なので、法律や権力で人を支配することを良しとはしなかったんだね。

要するに、

 

徳のある統治者がその徳を持って人民を治めるべきという考え方

 

 

今回の、この法治主義と徳治主義の違いは絶対に押さえておこう!
何も見なくても説明できるようにね!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio