mol(物質量)の計算方法を公式で覚えよう|化学勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

 

molって何?

molとはなにか、受験生なら知ってて当然です。

逆に知らない人は、危ない!よくここで復習しておきましょう。

 

molとは、物質量を表す単位のことでが、まず物質量とはなにか。

 

物質量とは、簡単に言うと 「物質そのものがどれだけそこに存在しているかを表す数値」 です。

物質そのものの量を表すので、この数値は不純物の量などによって左右されません。

 

たとえば、食塩に湿気があるのとないのとでは質量が変わりますが、 「物質(食塩)そのものの量が変わったわけではなく、水の重さが加わったために質量が増えた」 ので、物質量…すなわちモル数は変わりません。

物質量はこのような性質をもつ数値です。

それを表すものの単位としてmolは使われます。

 

 では、物質量の計算方法を説明します。

 

物質量は、次の式で計算できます。

 

物質量[mol]=質量[g]/分子量

 

たとえば、36gの水の物質量は 36g/18=2mol というふうに求められ、2molであるとわかります。

 

今回は、モルに関して説明しました。

 

※この記事に関係する、役に立つ記事があるのでこちらもあわせて見てください!

http://withdom.jukendou.jp/articles/68

 

 

 

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio