塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

化学反応式とイオン反応式の違い!係数に注目!|化学勉強法

双方には共通の条件があります。

 

それが「両辺の各原子の数が等しい」こと。

違う点はイオン反応式はさらに「電荷の数も揃ってなければならない」ところです。

 

化学反応式とは物質の化学変化を元素記号で表したもの。

 

書くときは書かれている回数の少ない元素から考えたほうが早いです。

 

ニガテな人はとりあえず式を書いてみてから係数を付けましょう。

 

ざっくり言うと「数合わせ」

イオン反応式は化学反応前後の変化を表すのに使ったりします。

暗記と計算が必要なのでこれらをわけて学びましょう!

 

 

 

 

おすすめの記事

【PV=nRT 】知って得する気体の状態方程式の扱い方!

2018/11/09

質量パーセント濃度、モル濃度、質量モル濃度って何が違うの?求め方を徹底解説

2018/11/09

センター試験の定量的計算はこう解け!〜序章〜

2018/11/09