自分と社会の
「ちょっと」先を考える

2018/11/09公開

塩酸と酢酸を入れたときってどうやって電離定数の式を立てるの?

ポイント

  • 電離とは水溶液中などでイオンに分かれる現象のこと。 (例) HCl ⇄ H+ + Cl
  • 強酸と弱酸を混ぜたとき、弱酸の電離は強酸の電離に比べて微々たるものなので無視。
  • 強酸は電離度 α が十分小さかったら全て電離すると考えてよい。(例)HCl → H+ + Cl
  • 電離定数の定義 (例)酢酸の場合 ただし、[A] はAのモル濃度を表す。

 

問題

0.016 mol/Lの酢酸水溶液50mLと 0.020 mol/Lの塩酸50mLを混合した溶液中の酢酸イオンのモル濃度は何 mol/Lか。

ただし、酢酸の電離度は1より十分小さく、電離定数は2.5 × 10-5 mol/Lとする。

 

考え方

  1. 電離定数が出てきているから、電離定数の公式に当てはめればいいんだな!
  2. ポイントのところに書いた式が電離定数の定義だが、今Kα = 2.5 × 10-5 で [CH3COOH] = 0.016 mol/L ということはわかっている。
  3. で、求めたいものは[CH3COO]だからxと置くと、あとは[H+]さえわかってしまえばいける!!!
  4. 今回、塩酸という強酸と一緒に入れたから、電離したことによって生じたH+は全部塩酸からによるもの。
  5. そして、強酸の電離は電離度が十分小さいときは全て電離したとみなして良いので、 HCl → H+ + Cl となったことに等しい。
  6. つまり、HCl と Hの係数が等しいことから、H+の濃度はHClの濃度に等しい。よって、[H+] = 0.020 mol/L
  7. 以上より、  
  8. よって  [mol/L] できた!!!

 

ちなみに

この問題は2016年センター試験の問題です。この問題の難しい点は、全く使わない数値が出てきているということ。

理論をしっかり把握して、惑わされないようにしましょう!

おすすめの記事

塩に種類が!正塩、酸性塩、塩基性塩の見分け方|化学勉強法

2018/11/09

滴定実験でビュレットに入れるのはなんだ!?

2018/11/09
チョットーク運営のtyotto塾
全国に展開中
神奈川
武蔵小杉
神奈川県川崎市中原区下沼部1760 カインド玉川4F
神奈川
川崎
神奈川県川崎市幸区大宮町14-4川崎中野ビル2F
埼玉
大宮
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-40 ニコニコ堂大宮本店ビル10F
千葉
千葉県柏市柏6-4-24 柏ビルディング6F
千葉
津田沼
千葉県船橋市前原町西2-14-2津田沼駅前安田ビル5F
大阪
上本町
大阪府大阪市天王寺区上汐3-2-17コモド上汐ビル7F
岐阜
岐阜
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2 新岐阜ビル2F
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。