相対質量と原子量の違いは?定義を確認しよう|化学勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

相対質量と原子量って似た意味の言葉で混乱しやすい言葉の1つです。
でも、この言葉には「微妙な意味の違い」があるんです。

最初に言っておきますが、これ
知っておかないと、筆記試験でコケます。

マークシート方式の試験では解けたからOK!何て思ってると本当に痛い目見ます。

二次試験は、こういう「微妙な意味の違い」を説明できるか?ということと、受験生の「日本語力」を見るために、こういうややこしい言葉の意味を説明させようとします。

 

前置きが長くなりましたが、説明に入ります。

まずは相対質量について。

 

相対質量とは、炭素の質量を便宜的に12として設定して、それを基準にして他の原子の質量を決めたときの質量のことです。

 

原子量の説明に入る前に、「同位体」のことについて理解しておいてもらう必要があります。

同位体については、以下のページで説明しているので、参考にしてください。

http://withdom.jukendou.jp/articles/71

 

それでは、原子量の説明に入ります。

ここで考えてもらいたいことがあります。

 

同位体は、それぞれ異なった相対質量の値を持ちます。ですが、それではややこしいと思いませんか?

 

大量にある原子のなかで、

「この炭素は12で…この炭素は14で…」

何て言ってると結局その原子の質量っていくらなの?ってことになりますね(笑)

 

そこでこのややこしさを解消するためにできたのが、「原子量」の考え方です。

 

原子量は、ある原子のすべての同位体の相対質量の平均をとったものです。

自然界にどれだけその同位体が存在するのかを示す「存在比」もあわせて考えて、原子量は求められるのですが、入試では原子量を求める問題は出題されないので、ここでは詳しくは説明しません。

 

少し長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます!

この記事で説明したことをしっかりと理解して、入試で点数をgetしてください!

 

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio