大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

受験勉強を始めようとしている方必見! 志望校合格のための計画立案

なぜ計画を立てるのか

受験勉強は一年間の長い戦いになります。長い戦いを戦い続けるためには、持久力が求められます。いわゆる、フルマラソンに近いでしょうか。長期的に動き続けるためには、無理のない努力を続けて行かなければなりません。

計画を立てる必要性

合格のために努力すると言うことが分かっていても、先が見えにくいことに対して中々努力することができないのが人間の性質です。それを少しでも軽減するためには、ある程度長期的な計画を立てて、勉強していく必要があります。

最後の到達点

初めに決めておくことは、どこに到達したいかということ、つまり、最も合格したい場所を決めることです。当たり前かもしれませんが、ゴールが見えていない状態では、どのように道を進んでいいのか分からず、勉強に身が入らないかもしれません。ですから、最初に合格したいと考える大学などと決めてしまいましょう。

次は逆算

最中的な到達点が決まったならば、次にするのは、その到達地点から、今の自分がどれだけ離れているのかということを考えてみましょう。今合格するためにどれだけ力が足りないのか、出来るだけ客観的に考えて、逆算します。

逆算の結果から

逆算すれば、目標地点の難易度を理解することや、どの科目を強化すればよいのか、理解できると思います。そこで出てきた結果をもとに、どの科目にどれだけの時間を割くのか、あるいは、勉強しない科目は作ることなど、あらゆる作戦を立てることができるようになると思います。

作戦の立て方

例えば目標が大学であれば、私立、国立によって必要とされる科目が大きく事のなっているため、自分の目標とする大学が求めている科目については勉強をし、それ以外の科目についてはあまり勉強をしないと言うのも一つの作戦です。あらゆる角度から方法を考えて、最も自分に適している計画を選択しましょう。

最後に

完璧に計画通りになることはかなり少ないと思います。ですが、何も計画を立てずにがむしゃらに勉強するだけでは、自分の思い通りの結果を生み出すことも困難だと思います。ですから、思い通りの結果を残すために、計画を立ててみることから始めてみてはどうでしょうか。

おすすめの記事

センター対策と二次試験対策はいつから始める?

2018/11/08

旧帝大文系志望向けの勉強計画ガイド〜いつ何を勉強するか〜

2018/11/08

勉強時間が足りない人のための勉強時間の作り方!勉強時間を確保して偏差値アップ!

2018/11/08