大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

想像に偏差値はない!合格までの道筋を自由に描いてみよう!

i)まずは合格したときの自分を想像してみましょう!

合格したとき、あなたはどんな風でしょう。驚く? 喜び爆発? 親や先生に電話? SNSにアップ? etc 色々思い浮かびますが、それらって嬉しいことばかりですよね。
そう、受験って辛いコトだけじゃないんです。ユウウツな時にはまず、ポジティブになるコトを思い浮かべてみましょう。あなたの嬉しい想像に遠慮なんかしなくっていいんです!

ii)合格までのネガティブな数々+αを想像してみましょう!

嬉しいコトを想像するのは楽しいですが、現実は甘くはないですよね。テストの結果や模試の判定にショック!…分かります。
そんな時、現時点から受験→合格までに越えなければならない壁を想像し 書き出してみましょう。その中にポジティブな想像や「これを越えたら○○しよう」と ご褒美的なコトを加えるのをお忘れなく!

iii)書く・描くということは想像を可視化すること=視界をクリアにしましょう!

不思議ですね。色々書いていると段々その場に居るかのような感覚で、それぞれに対して自分の思考が回り始めたことでしょう。それは、自分の想像に対する反応、すなわち課題に回答するということと同じです。
漠然としたことが見えてくると霧が晴れたかのようにスッキリしてきます。まさに雲集霧散ですね!

iv)想像を現実に…行動に移してみましょう! ~1st

こうして、知らず知らずのうちに『適応力』も磨かれるというオマケ付きで自分を遮る物事や悩みなどから少しずつ解放されてきたら、実際にii)のネガティブなコトに ご褒美付きで向き合いましょう。
揮わなかった試験結果の答え合わせや過去問チャレンジ・「眠たいけど勉強しなきゃ」など スッキリした分、意外とサクサク進みますよ!

v) 想像を現実に…行動に移してみましょう! ~2nd

ネガティブなコトに+αしたコトを更にポジティブ化してみましょう。それは 実際に憧れの大学へ足を運んでプチ大学生気分で学内を闊歩すること! 遠方でも行ってみましょう。
「そんな時間があったら勉強するよ」なんて思わないで、休憩をかねてLet’s go! 「絶対ここに来るんだ!」という想いと共に驚くほど勉強への意欲が沸いてきますヨ!

vi)想像することの大切さ―

いかがでしょう? 想像から行動に移すまでの一連が凄い効力を持っていることにお気づきいただけたでしょうか?
どんどん想像する=想像力の偏差値が高くなると あらゆる科目の出題意図や回答へのプロセスが分かり勉強の仕方も変わります。
あなたが描いた道のりの先には合格という光が見えてきています。その光に辿り着きますように…!

おすすめの記事

センター対策と二次試験対策はいつから始める?

2018/11/08

旧帝大文系志望向けの勉強計画ガイド〜いつ何を勉強するか〜

2018/11/08

勉強時間が足りない人のための勉強時間の作り方!勉強時間を確保して偏差値アップ!

2018/11/08