大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

数学が苦手な原因は中学数学にあり?中学数学から見直そう

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

初めての数学は「得意」だった!?

中学1年生から始まった数学。あなたはいつから「苦手」意識を持つようになりましたか?
昔のことを思い出して下さい。中学校に入って初めてのテスト。多くの人が高い点数をとってきます。もちろん、平均点も高い。つまり、この時は「苦手」ではなかったのです。「あぁ、確かに」そう思ったあなた。この先をよく読んでみてくださいね。

いつから苦手になった?

1年生でまずつまづくのは「方程式」ここで数学が「難しい」「つまらない」と思った方はいませんか?
実は、ここが重要なのです。中学数学は3階建ての家のようなイメージです。基礎があって、上にどんどん積みあがっていく、そのような構図なのです。なので、家で言う「1階部分」の1年生で習う部分で問題がある場合は、現在の勉強法を見直す必要があります。

まずは、1年生で苦手な部分を書きだそう

「方程式」「比例・反比例」「資料の活用」「計算」
1年生で習うもので苦手なものを書き出せましたか?
結構出てきたのではないでしょうか?

該当する単元を掘り下げて考えよう

では、例えば方程式が苦手だとしましょう。
方程式の何が苦手ですか?
計算は出来るけど、文章題が苦手なのか、計算から苦手なのか、それとも、計算ミスが多いから苦手と思っているのか、箇条書きでもいいので書き出しましょう。

苦手の原因が見えてきませんか?

計算ミスに苦手意識があるならば、とにかく計算量を増やしましょう。計算量をこなすことで、ミスしにくくなります。
文章題が苦手な場合は、文章全体を一気に式にするのではなく、部分で区切って式を立てるようにしたり、苦手部分を小出しにして、小さくしていきましょう。

課題を小さくしていくと楽になる

ここまでで、数学→方程式→計算ミスと、問題を小さくして考えました。
漠然と数学が苦手な人は、書き出した単元ごとにこのように問題を小さくしていきましょう。
そうすることで、問題解決に繋がります。

さらに1年生の問題が解決に向かったら、「2階部分」である、2年生の部分に着手すると、スムーズに解決できますよ。ぜひ、試してみてくださいね。

おすすめの記事

センター数学で満点を取る勉強法! 模試のやり直ししてますか?

2018/11/08

難問数学を解くために必要な5つの数学力!

2018/11/08

センター数学で8割以上をとる!4つのポイントとは

2018/11/08