大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

勉強科目としての英語ではなく「コミュニケーション手段」としての英語

「英語」とは?

「英語」は受験科目 「英語」は苦手科目 と考えている人も少なくはないでしょう。 しかし「英語」はそのようなものではなく、ただのコミュニケーションを取るための言語です。 現在では、世界の公用語として世界各国で使われています。日本人はあまり英語を使える人が少ないというのは外国からの日本のイメージですが、外国人観光客は増え続けています。 そんな中、私たちは英語を話せなくていいのでしょうか? インターネットが普及し世界各国で英語のサイト・記事が作成されてる中、英語が分からなくていいのでしょうか? 英語ができるだけで色々な可能性が見えてきます。英語が使えて当たり前となっていている社会の流れに乗っていきましょう。

「英語」に興味を持つ!

覚えるためにはまず興味を持つことが大切。 趣味に関する英語のサイトを見たい! 観光客に格好良く道案内したい! 外国人と会話したい! 英語が話せてできる男・女になりたい! など興味を持つことにより覚える早さが格段に上がります。

どうやって「英語」を覚えよう

英語を使おうと思えば使う機会はたくさんあります。 その一つにライン等のアプリが身近にあります。 外国人とコミュニケーションを取れるアプリはたくさんあり、日本語ができる外国人もかなりいます。そのような人と楽しく会話をしながら一緒に語学の勉強ができるとなると、最高ですよね! 間違ってもいいから英語を使うことで成長の鍵となります。そうやって英語ができるようになっていき、更に興味が湧き学校での英語の授業が楽しく感じるようになるかもしれません!

「英語」で勉強!

英語ができるようになると英語で勉強できることも多くなります。 日本語では日本人の考えが反映されたものしか勉強することができませんが、英語では様々な国からの客観的な内容を勉強することができます。 どの国もあまり触れたくない歴史、触れたくない事実など持っており、それにその国の言語では触れないことも少なくないと思いますが、英語ができればそれを知ることもできるようになるでしょう。 これらのように英語ができるだけで可能性が大きく増して行きます。 是非、英語に興味を持ってグローバルな人間になりましょう!

おすすめの記事

センター英語8割のコツとは?大問別センター英語対策!

2018/11/08

センター英語点数アップの7つの秘訣?センター英語はこれらを徹底しよう!

2018/11/08

センター英語リスニング満点!センター英語リスニング7つの勉強法

2018/11/08