大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

英語の成績を上げるコツ!センター試験および二次試験に向けての対策について

英語の勉強にはやはり暗記が重要!

センター試験や二次試験に関わらず、長文を読む際には「単語が覚えられているか」、文法問題では「熟語・文法が覚えられているか」が大事になってきます。
暗記の方法として「何度も繰り返すこと」が一番最善です。持っている単語帳があれば、何度も何度も繰り返し、覚えられているか自分でテストするのが良いでしょう。
また覚えるときは、発音しながら覚えると、より暗記しやすくなる上に、イントネーションや発音の問題にも強くなれます。

リスニングの対策も欠かせない!

センター試験には、リスニング問題があります。筆記に比べ問題数が少ないものの、全く聞き取れないと大幅に点数を落としてしまうことになります。
リスニング問題で点数を取るためには、日頃から英文を聞くことが大切です。リスニング対策の問題集のCDを聞き流すだけでも効果はありますし、洋楽を聴くのも一つの対策です。とりあえず毎日英文を聴く習慣をつけると点数はUPしますよ。

長文を読むときには必ず区切って読むこと!

センター試験対策を始めると、時間が足りないことに悩まされる受験生が多いと思います。長文では、何が書かれているのかを読み取ることが大切です。
そこで、日頃から文をスラッシュで区切って読む、スラッシュリーディングを取り入れると効果的です。二次試験で下線部訳を強いられている部分以外は、区切ったところまでで頭の中で訳すという習慣をつければ、時間不足を防ぐことが出来ます。

下線部訳のコツは?

下線部訳は二次試験によく出題されます。下線のついた文章は長くて読みづらいですよね。そこでまず手始めに、先ほど述べたスラッシュリーディングをして、関係代名詞等、文の構造がどうなっているか矢印で書き込むとわかりやくなります。
訳をしたときに、日本語として通じる文章になっているか確認することも大切です。そのまま訳して変な日本語になってしまったら、意訳をする必要があります。下線部訳は意訳が合っているかの吟味が必要ですので、先生に添削してもらうのもよいでしょう。

英作文の対策は?

二次試験では、英作文を課す大学がたくさんあります。英作文では、日本語を英訳しやすい言葉に置き換える必要があります。また、文の構造や、文法事項をマスターしていないと、減点の対象になります。ですが、たとえわからなくても自分なりに書いてみるというチャレンジ精神も大切です。
問題集に書かれた解答例意外にも正解になりうることがあるので、添削してもらえる先生がいたら、添削してもらうのも良いでしょう。

さいごに

いかがでしたか?
英語は暗記が大半を占めていますが、暗記だけでは成績を伸ばすことは出来ません。
暗記で得られた基礎知識の上に、問題を解く上での「慣れ」も必要です。
繰り返し練習して、試験に慣れることで英語の成績は上がりますよ。

おすすめの記事

センター英語8割のコツとは?大問別センター英語対策!

2018/11/08

センター英語点数アップの7つの秘訣?センター英語はこれらを徹底しよう!

2018/11/08

センター英語リスニング満点!センター英語リスニング7つの勉強法

2018/11/08