大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

脳を活性化し暗記力を高める環境作りと体の整え方

脳を活性化する環境作り1.自分に合った勉強場所を見つける

誰でも気の散りやすい場所と集中しやすい場所があるものです。今までどこで勉強すると勉強の乗りが良かったですか? 自分の勉強机に限らず、ベットの上、食卓など試してみて下さい。 また、図書館でお気に入りの場所はありますか? 静かな公園のベンチはどうですか? 

脳を活性化する環境作り2.赤い紙を貼る

色彩心理学の見地で暖色系が食欲を進める色だということは良く知られていますね。赤が脳の働きを良くするというのも研究で分かって来ました。勉強する場所から見える壁などに赤い紙を貼って、時々見るだけで脳のスピード化が図れます。

脳を活性化する環境作り3.緑色の電気を使う

緑色の電気もまた、脳の働きを進める効果があるという研究が出ています。 緑のセロファン紙をデスクライトに付けるなど、工夫をしてみて下さい。

脳を活性化する環境作り4.勉強用音楽を流す

人によって雑音があったほうが集中出来たり、全くない方が良かったりするようです。歌詞の入った音楽ではなく、やわらかい水の流れや雨の音、ゆっくりしたクラシック音楽などを音量を小さくして流すと勉強がはかどることもあります。自分がどんな音を流していると集中しやすいか試してみましょう。

脳を活性化する体調作り1.適度な睡眠時間を見つける

適度な睡眠時間も人により様々です。自分が何時間眠れば調子がいいのか意識して探してみて下さい。また、テスト前にどんなに時間がなくても最低3時間は眠るようにしましょう。

脳を活性化させる体調作り2.バランスの取れた食事を取る

食事は逃さず、ビタミンの豊富なバランスの良い食事を毎日取るように心がけましょう。総合ビタミン剤を飲むのも良いということです。勉強前に緑茶を飲むと脳の働きを高めるそうです。また、テストに空腹で臨んでは頭の働きも鈍くなりますので、食事をすることもテスト準備だと心得ましょう。そのほかにテスト前にチョコレートを食べると良いという研究結果も出ています。

脳を活性化する体調作り3. 運動をする

運動習慣のある人は無い人に比べて成績がいいという研究結果が出ています。家に籠らず、毎日30分歩くだけでも違うということです。また、テスト前に15分歩くと脳が活性化され、好成績を得られるそうです。

おすすめの記事

2ヶ月で30冊を丸暗記した男の暗記法!

2018/11/08

驚愕!センター試験はほぼ暗記の量で決まる!

2018/11/08

忘れるのは当たり前!脳の仕組みを理解して最短距離で勉強しよう!

2018/11/08