大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

順を追えばスグ覚えられる!英単語暗記の3つのポイントとは?

前提として

まず、前提として、英語に慣れる必要があります。
というのも、「英語が目につく」ことを日常化することで、「生活の一部」として認識することができ、身近な存在であるという意識があるほうが身に付きやすいからです。
「英和辞書を一日何ページか決めて読む」という方法や、「自治問題が英語で書かれている新聞などを読む」など、方法はいくらでもありますので、とにかく日常的に英語の存在を感じていきましょう。

ステップ①スペルを覚える

ここが重要です。
英語は何と言ってもスペルが重要。この重要なものを最初に覚えることで、あとは楽になります。
ここで是非試してほしいのが、「意味や発音は気にせず、スペルのみを覚える」ということ。

ステップ②発音を覚える

スペルが身についたら、次に発音です。スペルを見ればおおよその発音は想定がつくと思いますので、アクセントなど、細かいところに注意して、正確に記憶ましょう。
繰り返し声に出して覚えるのもいいですが、「スペルが読める」という感覚がベストです。

ステップ③意味を確認する

最後に意味を覚えます。普通なら一番目か二番目にくるこの項目ですが、スペルから読み取れるのではないかという考えから、三番目にしました。
これは、ステップ②と同時に進行すると効果的です。声に出しながら、イメージを頭の中に浮かべましょう。
また、身近なものであるならば、英語で思い出しながら実際にそのものを探してみるというのも記憶の定着に期待できます。

日常のものを英語で考える

新しく覚えた単語は、使うことでより強固な記憶となります。
目につくものを英語で考えることで、冒頭でお話しした「英語に慣れる」ということ、「今まで覚えた単語の想起になる」ということにつながります。
今まで覚えた単語の復習を兼ねながら、新しく覚えた単語にあたるものを探してみましょう。

私が実際にやった暗記方法

これは私が実際に試した方法ですが、高校生の英語では役に立つかわからないので、参考程度に考えていただければと思います。
用意するものは「英語で書かれた新聞」と「英和辞典」それに、最近のニュースで得た情報のみです。
方法は実に簡単で、新聞をただ英和辞典を用いて読み解いていくだけ。
新聞の会社にもよりますが、同じような語句が何度も使いまわされるケースが多く、反復的な学習にもなるというのが大きな点です。
また、政治、経済など、ジャンル別に力を入れている新聞もありますので、幅広く読んでみるといいかもしれません。
「最近のニュースで得た情報」と記載しましたが、これは、英和辞典を用いずとも、同じニュースであれば、何となく内容がつかめるためです。
しかし、このような勉強方法は、高校生で習う範囲ではない英単語も多いかと思いますので、「英語に慣れるため」と考えてもらった方がよいかもしれません。

おすすめの記事

単語はいつ覚える?長文の解き方は?みるみる英語が上達する4つの勉強法

2018/11/08

受験勉強で困ったら紙の辞書に聞け!辞書に書き込んだ分だけ点数にUP

2018/11/08

青ペン暗記法は効果なし?あなたはまだ青ペンで書いて暗記していますか?

2018/11/08