大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

短期集中勉強法! タイマーで効率を高めてメリハリのある学習を!

15分で「ひとつのこと」を集中して!

 この勉強法に使うのは、百円ショップにもあるキッチンタイマーです。やり方は

(1)キッチンタイマーを15分にセットする。
(2)この15分で何をするか決める。
(3)スイッチオン! 
(4)さっき決めたことを目いっぱいする。

 タイマーが鳴ったら、これを繰り返すだけ。簡単でしょう?

やると決めて、全力投球!

 この勉強法のポイントは「(2)何をするか決める」なんです。
 だらだらと机に向かっていても、実は何もしていない時間というのは案外多いのです。「今日は○○をするぞ」と決めても、集中力が落ちてくると、ついよそ事をしてしまいがちになります。だから、集中力が切れない短い時間ごとに「××をするぞ」とこまめに設定することで、気分を新たにしながら勉強ができるのです。

でも、ちょっと心配…。

「そうは言われても、何をしていいのか分からないよ」という人、心配は要りません。何でもいいのです。問題集なら1ページとか、数学の問題なら1問とか。だんだん自分のペースがつかめてきます。

 時間が余ったり足りなかったりしたら? それも心配要りません。時間が余ったらタイマーが鳴るまで、早く終わったご褒美として少し休みましょう。もし足りなければ、次の15分をそれに充てても良いですし、少し休むのも良いでしょう。とにかく「15分精一杯やる」ことを繰り返すのが大切です。

15分に笑う者は、15分に泣く?

 15分という時間は、決して長いものではありません。おやつを食べて、お茶を飲んでいるうちに過ぎてしまう時間です。
 しかし、15分は決して短くもないのです。高校の授業1時限を50分とすれば、本当に大切なポイントは実は15分ほどなのです。先生たちはこのポイントに、理解しやすくするために前置きや導入、演習などの時間を含めて50分の授業に仕上げています。逆に言えば、ポイントだけを押さえれば15分でも充分に充実した勉強ができるのです。

15分×4回=1時間! 時間配分も簡単

 15分という長さの根拠として重要なのが、

  15分×4回=1時間

という公式です。当たり前じゃないかって? そうです。しかしこの公式を使うことで、「時間の長さ」を「個数」に置き換えることができます。「今日は3時間勉強しよう」と決めたら、できることは12個です。数学の問題を○問、理科を○問、……、と考えると、ぼんやりしていた3時間が、かなり具体的な時間割になりませんか?

休憩の時間も15分!

 受験勉強にも休憩は必要です。受験の頃は冬盛り、風邪を引かないように温かくするのも忘れてはいけません。
 とはいえ、ちょっと休憩、がだらだらと延びてしまっては元も子もありません。つらいところですが、休憩時間にもタイマーをかけておきましょう。しっかり勉強し、しっかり休む。それが受験を乗り切る最大のコツかもしれませんよ。

おすすめの記事

偏差値アップの秘訣は学校•塾•自宅の使い分け? 勉強場所にこだわろう!

2018/11/08

集中力が続かない? 勉強に集中するためのポイント3選

2018/11/08

集中力が切れる? 受験勉強中にする有効な息抜き方法

2018/11/08