大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

薬学部志望の受験生必見!薬学部生が薬学部を紹介します!

薬学部とは

読んで字のごとく薬の知識を深めるところです。
得られる資格は薬剤師国家試験の受験資格のみです。
そう、卒業するだけではなく国家試験に受かって初めて薬剤師になれるのです。
薬剤師以外の仕事に就く人も多いので、それについては後述します。

昔は4年制のみでしたが、現在は国家試験受験資格のある6年生制と
受験資格のない4年制の2パターンがるので注意してください。
4年制はより研究内容が薬に特化した理学部みたいなものです。

卒業後の進路は?

大学によって傾向は異なりますが、多くは薬剤師として薬局や病院に勤務しています。
薬剤師になるためには、先ほど紹介した6年制の学科に入らなければならないので注意してください。

他で多いのは製薬会社への就職です。ここもいくつか選択肢があります。

・薬を創る段階に関わる研究
・薬を発売するまえに実施する治験に関わる開発
・発売された後の薬を広める営業(MR)
などがあります。

他には警察の麻薬取締関連や
独立行政法人の医薬品医療機器総合機構に勤務するといったケースもあります。

研究内容にもよりますが、食品関連や化学関連企業に就職する人も一定数います。

国家資格を要する仕事がほとんどなので、
一般的な新卒の給料と比べるとどこも高いのが特徴です。

大学によりますが他の理系と比べて格段に多いわけではありません。
ただ専門の講義が多いので化学が嫌いな方にはおすすめできません。
高校までの知識では基礎の基礎でしかないので、
概念が理解できないと厳しい授業となると思います。

何年か勉強すると授業も減り、研究室に所属します。
研究室ごとに専門分野が大きく異なり、
そこで実験をしたり論文を書いたりしながら専門分野の一部を極めていきます。

友達は一時期話題になったiPS細胞を培養していたり、
漢方用の植物を育てていたりと
いろんな研究があるのも魅力です。

私の場合

私は製薬会社に入るとだけ決めて、
細かい進路は後から決めようというというスタンスで入学しましたが
全く問題ありませんでした。

資格をとれば最悪就職できないなんてことはないというのも薬学部の魅力だと思います。

楽な学部ではないですが、在学中は部活やバイトもやりながら学生生活を満喫していましたので
厳しすぎるということもないと思います。

理系で学部を悩んでいる方にはお勧めできる学部です。

おすすめの記事

海外留学するにはどうしたら?留学制度を解説します!

2018/11/08

私立大学の学費は? 保護者も把握しておくべき?大学生の奨学金制度

2018/11/08

日本学生支援機構の奨学金とは?奨学金の仕組みを解説します

2018/11/08