【覚え方】必見!係り結びを簡単に覚えよう!

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

古典の係り結びは非常に大事なので、流れでパパッと覚えてしまいましょう!

 

【覚え方】

ぞ、なむ、や、か、連体形

こそ、已然形

 

ぞ、なむ、や、か に続く言葉は連体形に変形し、

こそ に続く言葉は已然形に変形するということになっています!

 

口に出してリズムに乗って言ってみましょう!

 

係り結びは特に訳さなくても文意に影響はありませんが、意味はしっかりあります!

この際意味も覚えておきましょう!

 

ぞ、なむ、こそ→強調

や、か→疑問

 

疑問の『や』『か』は実は今でも使っています!

『なんですか?』『なんや?』とかですね!

 

それ以外は強調の意味ですので、『や』『か』の意味を覚えておきましょう!!

 

最後に確認問題です!

 

Q)空欄に入る言葉を選びなさい。

1)時こそ来(  )。

①たら ②たり ③たる ④たれ

 

2)もと光竹なむ一筋あり(  )。

①けら ②けり ③ける ④けれ

 

3)生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざり(  )。

①けら ②けり ③ける ④けれ

 

A)

1→④

2→③

3→③

 

皆さん出来ましたか?

 

ポイントとなるところに印をつけると、

1)時こそ来(  )。 →文末は已然形に。

2)もと光竹なむ一筋あり(  )。→文末は連体形に。

3)生きとし生けるもの、いづれ歌をよまざり(  )。→文末は連体形に。

 

【まとめ】

・係り結びは流れで覚えよう!

・『や』『か』には注意!!

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio