2018/11/09公開

いろいろな「なむ」の用法とは?見分け方はどうするの?

こんにちは。塾講師めるです。
今回は「いろいろな『なむ』の用法と見分け方」について説明します!

1)「なむ」には四種類ある!

「なむ」には四種類の用法があります。
ざっくりとまとめると以下のようになります。

願望の終助詞「なむ」(~してほしい
強意・完了の助動詞「ぬ」未然形推量・意志の助動詞「む」(きっと~だろう,必ず~しよう
強意の係助詞「なむ」(特に訳さない)
・ナ変動詞未然形の活用語尾+推量・意志の助動詞「む」

「なむ」は用法によって品詞も意味も異なるので,
それぞれの見分け方をしっかりと覚えておく必要があります!

2)「なむ」の見分け方は?

「なむ」の用法を見分けるには,「なむ」の直前の語に注目しましょう。
注目すべきところさえわかれば,実は意外と簡単なんです!

・直前が動詞の未然形  →願望の終助詞「なむ」
・直前が動詞の連用形  →強意・完了の助動詞「ぬ」未然形推量・意志の助動詞「む」
・直前が体言(名詞)  →強意の係助詞「なむ」
・直前が「死ぬ」「去ぬ」→ナ変動詞未然形の活用語尾+推量・意志の助動詞「む」

ここで「なむ」の用法が一度に確認できる例文を挙げてみましょう。
それぞれの「なむ」の直前に注目してください。

いつしか花咲かなむ。花咲きなむ。花なむ咲く日に 我死なむ。
(早く桜が咲いてほしい。きっと花が咲くだろう。花が咲く日に私は死んでしまおう)

 

3)まとめ

いかがでしたか?今回のポイントは次の通りです。

・「なむ」の見分け方:直前の語に注目する!
 ・直前が動詞の未然形  →願望の終助詞「なむ」(~してほしい
 ・直前が動詞の連用形  →強意・完了の助動詞「ぬ」未然形推量・意志の助動詞「む」(きっと~だろう,必ず~しよう
 ・直前が体言(名詞)  →強意の係助詞「なむ」(特に訳さない)
 ・直前が「死ぬ」「去ぬ」→ナ変動詞未然形の活用語尾+推量・意志の助動詞「む」
              (死ぬ(去る)だろう,死んで(去って)しまおう

「なむ」の識別は学校の定期テストはもちろん,大学受験でもよく聞かれる問題です。
古文を正確に読むためにも,必ず見分けられるようにしておきましょう!

 

 

おすすめの記事

『玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする』の現代語訳と解説。

2018/11/09

センター古文で高得点をとる3つのポイント!

2018/11/09

頻出単語!1月から12月まで古典単語で書ける?

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。