助動詞はここから!助動詞「ず」の用法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

こんにちは。塾講師めるです。
今回は「助動詞「ず」の用法」を説明していきます!

1)助動詞「ず」の活用形と接続は?

まずは,助動詞「ず」の活用形と接続を確認しましょう。
…と言っても,動詞の未然形を考えるときに「ず」が使われるくらいですから,
助動詞「ず」はもちろん未然形接続だと判断することができます。

助動詞「ず」で注意しなければならないのは活用形です。ちょっと見てみましょう。
(未然形/連用形/終止形/連体形/已然形/命令形の順になっています)

「ず」:(ず)/ず /ず /ぬ /ね /
     ざら  ざり    ざる ざれ ざれ

これを見て「あれ?」と思う方もいると思います。活用形が二種類ありますよね?
実は,助動詞「ず」には本活用補助活用があるんです。
ここでは,上の段が本活用で,下の段が補助活用を表しています。

どちらの活用を用いるかは,助動詞「ず」の直後にある語で決まります。
助動詞「ず」の直後に助動詞がある場合は,補助活用を用いることが一般的です。
ちょっと例を挙げてみましょう。

京には見え鳥なり。(京では見ない鳥である)

淵瀬さらに変はらざりけり。(淵も浅瀬もまったく変わらないなあ

二つ目の例では,助動詞「ず」の直後に助動詞「けり」があるので,
この場合は助動詞「ず」は補助活用の連用形「ざり」に変わるんですね。

ちなみに,漢文の書き下し文では補助活用がよく使われます。
古文の場合とは使い方が異なるので注意しましょう!

2)助動詞「ず」の意味は?

活用形がちょっと面倒な助動詞「ず」ですが,その分(?)意味はとっても簡単です!

「ず」:打消(~ない)

用法が一つしかない上に,意味も至ってシンプルですよね?
英語でいうところのnotと同じ意味です。必ず答えられるようにしておきましょう!

3)まとめ

いかがでしたか?今回のポイントは以下の通りです。

助動詞「ず」:接続 =未然形接続

       活用形=(ず)/ず /ず /ぬ /ね /  (本活用)
               ざら  ざり    ざる ざれ ざれ(補助活用)
           →直後に助動詞がある場合は補助活用!

       意味 =打消(~ない)

助動詞「ず」の意味を正しく答えられるかどうかは,
「助動詞「ず」であることに気づけるかどうか」でほぼ決まってきます。
そのためにも,活用形をしっかりおさえておきましょう!   
       

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio