実は超簡単!助動詞「じ」の用法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

こんにちは。塾講師めるです。
今回は「助動詞「じ」の用法」を説明していきます!

1)助動詞「じ」の活用形と接続は?

まずは,助動詞「じ」の活用形と接続を確認しましょう。
…と言っても,形はまったく変化しません。一応見てみましょう。
(未然形/連用形/終止形/連体形/已然形/命令形の順になっています)

「じ」:○/○/じ/じ/じ/○

活用形を覚える必要がほとんどないので,とっても楽ですよね。
ちなみに,助動詞「じ」は未然形接続なので,直前には必ず動詞の未然形があります。

2)助動詞「じ」の意味は?

助動詞「じ」には,大きく分けて二種類の意味があります。

「じ」:打消推量(~ないだろう,~まい)
    打消意志(~ないつもりだ,~まい)

これだけを見るとなんだか難しそうですが,これも実はとっても簡単です。
助動詞「む」・「むず」の意味の中に「推量」「意志」がありましたよね?
それらに「打消(~ない)」をつけるだけで訳せてしまうんです。

ですが,古文は主語が省略されていることも多いので,
意味が二種類しかなくても,どちらの意味なのか迷う場合もあると思います。

そんなときは,「じ」を「~まい」と訳しておきましょう。
この現代語訳は打消推量・打消意志どちらの意味でも使えるので便利なんです。

では,ここでいくつか例を挙げてみましょう。

この雨は降ら。(この雨は降らないだろう/降るまい)

さらば御供には率て行か。(それならば御供には連れて行かないだろう/連れて行くまい)

3)まとめ

いかがでしたか?今回のポイントは以下の通りです。

助動詞「じ」:接続 =未然形接続
       
       活用形=○/○/じ/じ/じ/○

       意味 =打消推量(~ないだろう,~まい)
           打消意志(~ないつもりだ,~まい)
           
           →迷ったときは「~まい」と訳す!

助動詞「じ」は他の助動詞のように活用形を覚える必要がほぼなく,意味もシンプルです。
「暗記はちょっと苦手…」という方でも覚えやすいので,必ず復習しましょう!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio