2018/11/09公開

【シリーズ冷戦】 (6)ワルシャワ条約機構

もくじ

NATOへの対抗

 冷戦にあって1949年、西側諸国は共同で東側の軍事力に対抗するため、NATOを結成しました。これは西側の軍事同盟でしたが、1955年には西ドイツも加盟することになりました。

 西側での単なる軍事同盟としては静観していた東側でしたが、西ドイツも加盟するとなれば話は違います。冷戦の最前線まで、西側の軍事同盟が出張ってくるというのは大きな脅威です。そこで、マーシャル・プランに直面したときと同様に、東側でも対抗することが求められました。

 1955年、ソビエト連邦を中心としてワルシャワ条約機構が設立されました。参加国は概ね、東側陣営諸国でした。以前であれば英語のWarsaw Treaty Organizationの略称を取ってWTOと呼ばれていましたが、冷戦が終了した現在ではWTOは世界貿易機構を指すものとなり、ワルシャワ条約機構の略称としては使われなくなりました。

 ワルシャワ条約機構は、もちろん西側からの相互防衛を目的とした軍事同盟でしたが、ソビエト連邦による支配は明らかでした。そのため、1956年のハンガリー動乱や1968年のプラハの春では、ソビエト連邦がハンガリーやチェコに軍事介入する手段として活用されたのでした。

 

【シリーズ冷戦】については、以下からもどうぞ!

【シリーズ冷戦】 (1)ヤルタ会談

【シリーズ冷戦】 (2)ドイツ分割

【シリーズ冷戦】 (3)トルーマン・ドクトリン

【シリーズ冷戦】 (4)マーシャル・プラン

【シリーズ冷戦】 (5)コメコン

【シリーズ冷戦】 (6)ワルシャワ条約機構

【シリーズ冷戦】 (7)NATO

【シリーズ冷戦】 (8)鉄のカーテン演説

おすすめの記事

大日本帝国憲法と日本国憲法の違いを説明します|政治経済勉強法

2018/11/09

なんで国際連盟にアメリカは参加してないの?国際連盟の失敗を徹底解説!

2018/11/09

間接選挙と直接選挙の違いとは?大統領選挙!|政治経済勉強法

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。