大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

武蔵小杉・岐阜・オンライン
お近くの校舎をお選びください
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
さっそく無料で
お問い合わせしてみる
2018/11/09公開

冷戦でマーシャル・プランに対抗したコメコン|政治経済勉強法

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

マーシャル・プランへの対抗

 1948年にアメリカがマーシャル・プランを発表しましたが、これが西側陣営のためのものであるのは明らかでした。戦争で荒廃したのは東ヨーロッパも同様で、これを復興しなければならなかったことは変わりありませんでした。ここでソビエト連邦が何もしなければ、東ヨーロッパ諸国もアメリカの経済支援を受けて、西側の一員になってしまう、というおそれがありました。そこでソビエト連邦としては、対抗して経済援助を立案しなければならなかったのです。

 1949年にソビエト連邦は、東側陣営諸国を対象として経済相互援助会議(Council for Mutual Economic Assistance)を設立しました。もちろんこの英語名は西側からの呼び方です。この頭文字を取って、略称をCOMECON、コメコンとしたのでした。

 

【シリーズ冷戦】については、以下からもどうぞ!

【シリーズ冷戦】 (1)ヤルタ会談

【シリーズ冷戦】 (2)ドイツ分割

【シリーズ冷戦】 (3)トルーマン・ドクトリン

【シリーズ冷戦】 (4)マーシャル・プラン

【シリーズ冷戦】 (5)コメコン

【シリーズ冷戦】 (6)ワルシャワ条約機構

【シリーズ冷戦】 (7)NATO

【シリーズ冷戦】 (8)鉄のカーテン演説

おすすめの記事

大日本帝国憲法と日本国憲法の違いを説明します|政治経済勉強法

2018/11/09

なんで国際連盟にアメリカは参加してないの?国際連盟の失敗を徹底解説!

2018/11/09

間接選挙と直接選挙の違いとは?大統領選挙!|政治経済勉強法

2018/11/09