大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

武蔵小杉・岐阜・松本・オンライン
お近くの校舎をお選びください
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
長野県松本市中央1-15-7 ハネサム松本202
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
さっそく無料で
お問い合わせしてみる
2018/11/09公開

【シリーズ冷戦】 (6)ワルシャワ条約機構

もくじ

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

NATOへの対抗

 冷戦にあって1949年、西側諸国は共同で東側の軍事力に対抗するため、NATOを結成しました。これは西側の軍事同盟でしたが、1955年には西ドイツも加盟することになりました。

 西側での単なる軍事同盟としては静観していた東側でしたが、西ドイツも加盟するとなれば話は違います。冷戦の最前線まで、西側の軍事同盟が出張ってくるというのは大きな脅威です。そこで、マーシャル・プランに直面したときと同様に、東側でも対抗することが求められました。

 1955年、ソビエト連邦を中心としてワルシャワ条約機構が設立されました。参加国は概ね、東側陣営諸国でした。以前であれば英語のWarsaw Treaty Organizationの略称を取ってWTOと呼ばれていましたが、冷戦が終了した現在ではWTOは世界貿易機構を指すものとなり、ワルシャワ条約機構の略称としては使われなくなりました。

 ワルシャワ条約機構は、もちろん西側からの相互防衛を目的とした軍事同盟でしたが、ソビエト連邦による支配は明らかでした。そのため、1956年のハンガリー動乱や1968年のプラハの春では、ソビエト連邦がハンガリーやチェコに軍事介入する手段として活用されたのでした。

 

【シリーズ冷戦】については、以下からもどうぞ!

【シリーズ冷戦】 (1)ヤルタ会談

【シリーズ冷戦】 (2)ドイツ分割

【シリーズ冷戦】 (3)トルーマン・ドクトリン

【シリーズ冷戦】 (4)マーシャル・プラン

【シリーズ冷戦】 (5)コメコン

【シリーズ冷戦】 (6)ワルシャワ条約機構

【シリーズ冷戦】 (7)NATO

【シリーズ冷戦】 (8)鉄のカーテン演説

おすすめの記事

大日本帝国憲法と日本国憲法の違いを説明します|政治経済勉強法

2018/11/09

なんで国際連盟にアメリカは参加してないの?国際連盟の失敗を徹底解説!

2018/11/09

間接選挙と直接選挙の違いとは?大統領選挙!|政治経済勉強法

2018/11/09