大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

【シリーズ軍縮】 (6)包括的核実験禁止条約(CTBT)

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

抜け穴をふさぐ試み、だが……

 前回紹介したように、PTBTは抜け穴のある、不十分な条約でした。そこで、今度はさらに進めて全面的に核実験を禁止しようと試みます。そこで1996年に国連で採択されたのが、包括的核実験禁止条約(Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty)、略称CTBTでした。大気圏内も水中も地下も宇宙も、とにかくどこでも核実験を禁止する、という条約です。

 しかしこれはうまくいきませんでした。1つには、実験そのものの抜け道です。核実験の方法として、臨界=爆発させる実験が禁止されたので、抜け道として臨界させない未臨界核実験が行われるようになりました。

 さらに大きな問題として、批准国が足りませんでした。原子炉を有している国が核開発の可能性があるため、これらの国全てが参加しないと意味がないということで、条約の発効条件になったのですが、これがうまくいきませんでした。アメリカも参加しないし、インドやパキスタンなども参加しない。ということで、未だにこの条約は発効できていません。他の方法での、地道な努力が求められるということでしょうか。

 

【シリーズ軍縮】は、こちらの記事もどうぞ!

【シリーズ軍縮】 (1)SALTⅠ

【シリーズ軍縮】 (2)INF全廃条約

【シリーズ軍縮】 (3)第一次戦略兵器削減条約(STARTⅠ)

【シリーズ軍縮】 (4)第二次戦略兵器削減条約(STARTⅡ)

【シリーズ軍縮】 (5)部分的核実験禁止条約(PTBT)

【シリーズ軍縮】 (6)包括的核実験禁止条約(CTBT)

【シリーズ軍縮】 (7)核拡散防止条約(NPT)

おすすめの記事

大日本帝国憲法と日本国憲法の違いを説明します|政治経済勉強法

2018/11/09

なんで国際連盟にアメリカは参加してないの?国際連盟の失敗を徹底解説!

2018/11/09

間接選挙と直接選挙の違いとは?大統領選挙!|政治経済勉強法

2018/11/09