同じようで全く別物!企業の3つの独占形態 コンツェルン編

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

企業の独占形態

カルテル

トラスト

コンツェルン

 

最後はコンツェルンです。

カルテル(http://withdom.jukendou.jp/articles/657)

トラスト(http://withdom.jukendou.jp/articles/692)

と合わせて読み、違いを理解しましょう。

 

コンツェルンとは・・・。

→複数の企業の株式を親会社が持ち、それら企業を実質的に支配すること。

→市場独占を直接の目的としない。

 

他の二つと違ってわかりやすいかもしれません。

親会社Aを用いて解説します。

 

親会社Aは飲料業界の大企業で多額の利益を上げています。

そこで、他の食品を取り扱う企業の株を買い傘下に置きました。

 

新たに企業設立ではなく、既存の企業を買うのがミソです。

コストを抑えて事業拡大ができます。

 

コンツェルンは合法の形態であり、日本にも多くのコンツェルンが存在します。

ホールディングス、フィナンシャルグループと呼ばれるものがそれです。

 

<ポイント>

・親会社の傘下にすること。

・市場独占ではなく事業拡大が目的

 

 

最後に復習として問題です。正しいものはどれでしょう。

①カルテルとは、株を持ち合い企業を一つにする形態である。

②コンツェルンとは、個々の企業を傘下にいれて市場を支配することを目的とする。

③3つの独占形態は独占禁止法で禁止されている。

④トラストでは、新たに持ち株会社を設立することがある。

 

 

以下、解答と解説です。

正解はです。

①→トラストの説明です。

②→市場支配ではなく、事業拡大の意向が強いです。

③→カルテルと過度なトラスト以外は禁止されていない。

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio