普通の軍事活動と、PKO、PKFは、どう違う? パッと解説!

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

 

軍事活動の差

普通の軍事活動は、当事国が軍事活動を行います。

PKO

PKO(peace keeping operation)は、国連平和維持活動をするものです。

日本では、1991年、湾岸戦争時に、国会で議決がされ、PKOのみ参加をすることになりました。PKFは参加凍結です。

この際、後記するPKFに参加しないために、PKO5原則が組まれました。(必須)

1、停戦の合意(合意がない場所には行かない)

2、当事国の受け入れ(勝手に入れない)

3、中立的立場(片方に偏らない)

4、武器使用は護身用のみ(ここがPKFとの決定的な違い)

5、自国(日本)の独自判断のみで撤退 

これも覚えないと!PKF

PKOに必ず付いてくるのがPKFです。

PKF(peace keeping force)国連が主導し、参加国が 軍事活動平和維持を行うものです。国連軍とも称されます。

実際、2015年 日本で議論された安全保障条約の中には、PKFの議論がされました。

2001年。PKFの参加凍結解除されています。(同時多発テロの影響を受け)

そもそも「国連」の読み方について

ちなみに「国連」国際連盟、昔は国際連合と日本で言っていますが、ニュースなどでは「UN」(united nation の略)と書かれています。

で、今も昔も「連合国」と世界では読みます。

日本が第二次世界対戦前と後で、印象を変えるために勝手に変えたもので、どちらも世界では通用しません。

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio