大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/08公開

受験生にはどう接すればいいの?先生の受験生への接し方

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

現代の子供達への接し方

昔と違って現代の子供達は様々な家庭環境で育っています。母子家庭や父子家庭、両親ではなく親戚に育てられている子供達も少なくありません。そのような不安定な環境で生活していく中でやはり学校で反抗的になったり、無気力になり不登校になってしまうケースもあります。そして大学受験の時期になるとさらに生徒の気持ちも不安定になってしまいます。
このような状況になった時、指導者は自分の意見を生徒に言い聞かせようとします。そして学校や塾に来て勉強をするように促しています。しかしこれを続けても生徒の心は変化しません。それどころか反発して指導者の話を全く聞かないようになってしまうのです。

生徒の話をよく聞き、まずは同調すること

ではどのように生徒に接していけばよいのでしょうか。基本的にはまずその生徒の話を聞くことです。ここで重要なことは自分の意見やアドバイスなどは一切しないことです。ゆっくりと生徒の話を聞き、自分の中で矛盾を感じるようなことがあっても黙って同調していきます。そして指導者自身も昔は同じようなことで悩んでいたことや辛かった出来事などを話していきます。
すると生徒は次第に心を開くようになります。自分のことを認めてくれる指導者として認識するとアドバイスなども受け入れてくれるようになります。

受験に対する不安を和らげる方法

大学受験は高校生で経験する大きな試練でもあります。自分の希望する大学に合格できるかどうか、もし失敗したことを考えると不安でたまらなくなる生徒も多くいます。受験生になり今までと性格が変わってしまったり、暗い顔をしているようであれば無理に「頑張れと」言わないようにすることも必要です。
まずは不安な心を持つことは当然のことであり、そのような気持ちになることは生徒が頑張っている証拠であるということを伝えてあげて下さい。そして先生と一緒に受験を乗り越えていこうと励ましてあげて下さい。その際はあまり真剣な顔をしないでリラックスした笑顔で伝えると効果的です。

おすすめの記事

授業が面白ければ生徒の成績アップに直結?勉強を面白く感じさせる授業とは

2018/11/08

先生必見!あなたは生徒の手本になれていますか?

2018/11/08

「時間がないから言った通りにやって。」その5分を節約できても大事なものを失っています。

2018/11/08