自分と社会の
「ちょっと」先を考える

2018/11/09公開

偏微分を用いた法線ベクトルの求め方まとめ|数学勉強法

法線ベクトルを求める場合、x、yそれぞれの偏微分をすることで簡単に求められます。

 

もくじ

例題

+y=1の(20)における法線ベクトルを求めよ。

 

解き方

法線ベクトルは、f(xy)=0の曲線で、

(xy)の座標においてその1つは(fxfy)となる・・・というのが定義です。

 

つまり、x、yのそれぞれを偏微分すれば良いのです。

 

例題において、xに関して微分すると、fx=2xとなります。

同様にyに関して微分すると、fx=2yとなります。

これらの(20)の座標での法線ベクトルということになるので、

xに2を、yに0を代入すると、fx=2xより、fx=4となります。

同じように、fy=2yなので、fy=0となります。

 

これにより、例題の法線ベクトルは(40)となるのです。

 

つまり、f(xy)=0の形に変換してやることで、

どんな難しい関数であっても、簡単に法線ベクトルが求められるというわけです。

法線ベクトルを知ることで、接戦の方程式も求められるので、応用範囲が広くなること間違いありません。

 

おすすめの記事

【ベクトル基礎】線分AB上にある点Cを表したいとき

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。