平安時代に白河天皇が院政した2つの理由|日本史勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

白河天皇の意図は? 

院政を初めて行ったのは白河天皇って言われてるよね。

僕も受験生の時こういう風に習って、「へぇ〜〜」なんて漠然と思ってたんだけど、

そもそもなんで白河天皇は上皇という立場で政治をする必要があったんだろうね。

院政の理由とは

その理由は以下。

  • 白河天皇は弟である実仁親王や輔仁親王への皇位継承を嫌っていたため、当時まだ8歳であった善人親王(堀川天皇)に皇位を譲った。
  • 白河天皇は自分の子へ確実に皇位を継承したかったことや、次の天皇を指名することで実仁親王や輔仁親王の支持者間での争いをなくしたかった。

 

ここに白河院政の狙いがあったんだね!
昔は、天皇も色々と大変だったんだね…

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio