平清盛を中心とする政権?平氏政権のまとめ|日本史勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

今回のまとめは平清盛を中心とする平氏政権について!

平安時代末期、12世紀後半に政治権力を握ったのはご存知の通り清盛だけど、平氏政権は一体どんな特徴を持っていたんだろう?

結びつき

まず平氏政権では、平氏一門で高位高官を独占し、清盛は娘の徳子高倉天皇の妻にして、

皇室と外戚関係(清盛が天皇の義理の父)を結び、主に近畿より西の武士と主従関係を強めた。

経済基盤 

経済基盤は、大輪田泊(現在の神戸港)を修築して行った日宋貿易が有名かな。

主な輸出品はで、輸入品は宋銭っていうのもついでに押さえておこう!

特徴 

特徴については、積極的な外交政策や地方武士との主従関係を結んだ点からみると武家的性格が強いけど、

天皇との外戚関係を利用して一門で高位高官を独占し、荘園や知行国を経済的基盤とする点では摂関政治のような貴族的性格も色濃く残っているんだ。

まとめ 

平氏政権は「貴族政権から武家政権へのターニングポイント」ってわけだ!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio