2018/11/09公開

桜田門外の変で井伊直弼が暗殺された理由とは?その後の日本に与えた影響!

1.桜田門外の変とは?

 

桜田門外の変とは1860年に、江戸幕府で政治のトップに立っていた井伊直弼が、江戸城の桜田門っていうところで暗殺されちゃった事件です!!

日本の未来を左右する大ニュースでした!

それでは、その何でこんなことが起きたのか、またその影響について詳しく見ていきましょう!!

 

2.桜田門外の変ってなんで起きたの?

 

このころ、日本は開国すべきか鎖国を続けるべきかでモメていました。

そんな時に、大老っていう一番偉い地位にあった井伊直弼が天皇の許可もなしに日米修好通商条約を結んじゃうんですね、、!

尊王攘夷派の人たちはそれはもうカンカンに怒ってしまうわけです!

しかし、それに逆ギレした井伊直弼は安政の大獄で彼らを取り締まります。これのよりたくさんの人が亡くなりました、、。

こうして、ついに怒り狂った水戸浪士たちが井伊直弼を切り殺してしまったのです!

 

3.「桜田門外の変があたえた影響」

 

政治のトップに立っていた井伊直弼が暗殺されたこの事件は、江戸幕府に衝撃を与えました!

逆に、尊王攘夷運動はさらに激しくなっていきました。このような流れの中で、日本は大政奉還、明治維新へと突き進んでいきました!

おすすめの記事

禁中並公家諸法度の内容を簡単に教えて!朝廷が統制されたの?

2018/11/09

日米和親条約と日米修好通商条約の違いは?ややこしすぎます!

2018/11/09

日本を動かした攘夷ってなに?尊王攘夷とは何がちがうの!?

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。