2018/11/09公開

徳川家綱はなぜ殉死を禁止したの?そもそも殉死って?

主人の後を追うように自ら腹を切る殉死が禁止されたのは、

徳川家綱の父の家光が死んだ際に殉死した家臣の数が多くて、

このままでは優秀な人材が育たなくなってしまう危険性があったから。

殉死は忠臣の鏡であり、美学と言う考えがあったけど、

次世代に繋ぐ人材が一気に無くなってしまったら、立ち行かなくなりますよね。

ちなみに、テストに出てこないと思うけど、殉死の禁止を定めたのは、家光の腹違いの弟であり、初代会津藩主で当時の大老の保科正之だよ!

おすすめの記事

元禄文化と化政文化の違いとは?丁寧に説明!|日本史勉強法

2018/11/09

参勤交代の目的を簡単に説明してみた!|日本史勉強法

2018/11/09

老中と大老の違いって何?江戸時代の基本!|日本史勉強法

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。