2018/11/09公開

行基と鑑真の違いって何?要点まとめてみた|日本史勉強法

奈良時代で出てくる僧に、行基と鑑真っているよね。

この2人、正直めっちゃ似てますよね。。

僕が受験生の時は、いつも頭の中でこんがらがっていました…

だから今回は行基と鑑真を比較してみた!

【行基】

日本人の僧。

朝廷から僧の資格を得ずに、難民救済や民間布教・土木事業などの社会事業を進めて、僧尼令への違反で弾圧されちゃったんだ。
僧尼令っていうのは、簡単に言うと僧や尼さんを統制する法令のことね!

でも、行基は民衆から支持を受けていたのと、聖武天皇から気に入られていたこともあって
東大寺大仏建立への協力を頼まれて、日本の僧で初めて大僧正の位を受けたんだ!
大僧正っていうのは僧で一番偉い位のことね!

【鑑真】

の人。

失明しながらも、何度も日本への渡航を試みたことで有名だよね!
本来、僧になるためには「授戒」っていう儀式を行わないといけないんだけど、
この頃、日本には授戒を行える僧がいなかったんだ。

だから、鑑真は日本から呼ばれてってわけ。
そして、鑑真は東大寺に授戒を行う「戒壇」を作って、自ら日本の僧たちに授戒をしていったんだ。 

まとめ

  • 行基は、社会事業や大仏造立に貢献。
  • 鑑真は、日本の仏教制度を整えた。

 

2人とも、日本のために尽力してくれた点では一緒だね!
いくつか用語が出てきたけど、知らないのが1個でもあった人は
隈なく覚えておこう!

おすすめの記事

兵士として守る場所が違う?衛士と防人の違い|日本史勉強法

2018/11/09

【日本史受験者必見!】仏教公伝と仏教が日本に与えた影響!

2018/11/09

日本史受験者必見!計帳と戸籍の違いを理解しよう!

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。