大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

平城京の場所と特徴をわかりやすく説明した|日本史勉強法

まずは主要なところからいくよ。

  • 政務を行う中枢部が大内裏
  • 大内裏からまっすぐに伸び、戸を左右に分割するのが朱雀大路
  • 天皇から見て左が左京、右が右京と呼ばれる(天子南面だよ!覚えてね)
  • 中心となる寺院が4つ
  1. 右上に法華寺
  2. 右下に大安寺
  3. 左上に西大寺
  4. 左下に薬師寺
  • 9条×8坊の構成で、碁盤の目のような形をしている。コレを条坊制という。
  • 9×8からはみ出た東側の地域を下京といい、東大寺興福寺元興寺など大きな寺院が多数ある。
  • さらに北西にもはみ出た部分があり、北辺と呼ばれる

これが平城京の特徴!

口だけでは分かりづらいから、必ず航空写真や地図を見て確認しておこう!

日本史などの社会科目に図表は必須だよ!

理解しようと思えば必ずチェックしておこうね!

おすすめの記事

行基と鑑真の違いって何?要点まとめてみた|日本史勉強法

2018/11/09

兵士として守る場所が違う?衛士と防人の違い|日本史勉強法

2018/11/09

【日本史受験者必見!】仏教公伝と仏教が日本に与えた影響!

2018/11/09