2018/11/09公開

醍醐天皇と後醍醐天皇の違いを簡単に説明!|日本史勉強法

醍醐天皇と後醍醐天皇って名前がそっくりだから一見、親子?兄弟?って思うよね。

だけど、実は全くの無関係。

ちなみに、僕は受験生の時この2人はずっと親子だと勘違いしてました…。

てか、よく考えてみたら二人が生きた時代って400年近く違うしね。

じゃあ、何でこの二人こんなに名前が似ているのか。それは、「後醍醐天皇が醍醐天皇の治世(いわゆる延喜の治)を模範とし、

自分は醍醐天皇の後継者であると自負していたから」ではないかと言われている。

醍醐天皇は摂関政治を避けて自ら親政(天皇中心の政治)を行っていたよね。そして、後醍醐天皇もまた鎌倉幕府を倒して親政を行おうとしていた。

ってところから考えてみると、後醍醐天皇が醍醐天皇と自分を重ね合わせていたことは納得がいくよね!

おすすめの記事

豊臣秀吉はキリスト教をなぜ禁止したのか説明!|日本史勉強法

2018/11/09

応仁の乱は戦国時代の発端!?応仁の乱の原因と乱による影響とは…

2018/11/09

御成敗式目ってなんのこと?武士のための法律です!!

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。