室町時代に明と行った勘合貿易をわかりやすく|日本史勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

受験生なら、知らないはずはない勘合貿易。

でも、度忘れしちゃったあなたのために!!簡潔にまとめます♪

 

■勘合貿易とは

室町時代に明(中国)と行われた貿易のことです。

これくらいは知ってるよね!?

もちろん明のほうが力を持っていたので、幕府の使いが貢物を持っていくついでに、貿易したって感じでした。

でもかなり日本に利益をもたらしてくれたんですよ♪

 

 

■勘合貿易のポイント

勘合貿易のキーワードとなる言葉は、倭冠・勘合符・大内氏

【倭冠】って呼ばれる海賊が多かったので、間違えないために身分証明のような【勘合符】を使いました。

それで勘合符を使った貿易を勘合貿易、船を勘合船と言います。

【勘合符】とはなにかというと、割印を押した板を半分にしたものをそれぞれが持っていて、合わせてぴったり一致すればOK!!というもの。

海賊対策に、苦労していたんですね。

そして、この貿易でめっちゃ儲かったのが室町幕府や大きな寺や神社、そして貿易に直接携わっていた大名の【大内氏】や細川氏です。

幕府が衰退した後も、大内氏が貿易を続けていたけど、大内氏の滅びとともにこの勘合貿易も終わりました。

 

簡単でしょ♪

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio