大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

武蔵小杉・岐阜・オンライン
お近くの校舎をお選びください
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
さっそく無料で
お問い合わせしてみる
2018/11/09公開

室町時代に明と行った勘合貿易をわかりやすく|日本史勉強法

受験生なら、知らないはずはない勘合貿易。

でも、度忘れしちゃったあなたのために!!簡潔にまとめます♪

 

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

■勘合貿易とは

室町時代に明(中国)と行われた貿易のことです。

これくらいは知ってるよね!?

もちろん明のほうが力を持っていたので、幕府の使いが貢物を持っていくついでに、貿易したって感じでした。

でもかなり日本に利益をもたらしてくれたんですよ♪

 

 

■勘合貿易のポイント

勘合貿易のキーワードとなる言葉は、倭冠・勘合符・大内氏

【倭冠】って呼ばれる海賊が多かったので、間違えないために身分証明のような【勘合符】を使いました。

それで勘合符を使った貿易を勘合貿易、船を勘合船と言います。

【勘合符】とはなにかというと、割印を押した板を半分にしたものをそれぞれが持っていて、合わせてぴったり一致すればOK!!というもの。

海賊対策に、苦労していたんですね。

そして、この貿易でめっちゃ儲かったのが室町幕府や大きな寺や神社、そして貿易に直接携わっていた大名の【大内氏】や細川氏です。

幕府が衰退した後も、大内氏が貿易を続けていたけど、大内氏の滅びとともにこの勘合貿易も終わりました。

 

簡単でしょ♪

おすすめの記事

醍醐天皇と後醍醐天皇の違いを簡単に説明!|日本史勉強法

2018/11/09

豊臣秀吉はキリスト教をなぜ禁止したのか説明!|日本史勉強法

2018/11/09

応仁の乱は戦国時代の発端!?応仁の乱の原因と乱による影響とは…

2018/11/09