日露戦争の日本の勝因をわかりやすく説明した!|日本史勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

日露戦争の日本の勝因って説明できるかな?日露戦争で日本が勝ったってことはみんな知っていると思うんだけど、勝因って意外と説明できないんじゃないかな?

最後にまとめもあるから、今回は日露戦争での日本の勝因を探っていこう!

ロシアの状況

日露戦争が起きた当時、ロシアではくるくるぱーの皇帝が政治を行っていて、みんなで陰口を叩いていたんだ。ロシア軍が遼東半島で負けると、各地でデモやストライキが発生!
軍の内部でも反乱が起きてしまって、ロシアはもう戦争どころじゃない。

イギリス大活躍!

日露戦争の勝因の一つでもある同盟国イギリスの大活躍。
ロシアの同盟国のフランスに脅しをかけて、フランスはビビって、何もできなかったんだ。

イギリスが脅すもんだから、ロシアのバルチック艦隊は、どこの港へ行っても総スカン状態。
だから適当な食料としょぼい燃料くらいしか売ってもらえない。
日本につく頃にはもう完全お疲れモード!
そんな状態で日本海軍に喧嘩を売ったもんだからもちろんボロ負け。

最後はアメリカが

日本陸軍は遼東半島の喧嘩で勝ちはしたけど、もうボロボロで、もうこれ以上歩けない。
ロシアは「皇帝やめろコール」が続いて、戦争どころじゃない。
そこへアメリカが仲介に入ってきた。
結局、日本優勢の状態で日本とロシアは和平したんだ。
だから、日本の勝ちってわけ!

日露戦争の勝因はこれだけ押さえよう!

日露戦争の勝因は、受験では3つだけ覚えておけばいいよ。

  1. ロシア内部の政情不安
  2. 日英同盟
  3. アメリカの仲介

一つでも忘れると、選択問題が解けなくなっちゃうからしっかり覚えておこうね!

日露戦争の勝因は、選択肢を見極めるときに重要になるからしっかり押さえよう!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio