大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

ベクトルを成分に分解するとは? 基本は水平方向と鉛直方向!

今回はベクトルの物理量、たとえば速度や力の向きを分解することを考えましょう。

あなたが物理の問題で、斜め上にものを投げる運動—-斜方投射の問題は見たことがあるでしょうか?

そのときは世界を鉛直方向、つまり重力が働いて物が落ちていく方向と水平方向、つまり鉛直方向に対して垂直な方向に分解して考えます。

ベクトルの分解
 これは、

   投げ上げた物体が常に鉛直方向に重力を受けていること、

   水平方向には何の力も受けていないこと、

そして初速度が鉛直方向にも水平方向にも成分を持つためです。

まずこの初速度を鉛直、水平方向それぞれに分解します。

初速度のベクトルを鉛直、水平方向の成分で表すのです。

こうすることによって、斜方投射された物体の運動を、

よく知っている一直線上の等速度運動や鉛直投げ上げの運動の組み合わせとして考えられるようになりました。

つまり物理量を鉛直方向、水平方向に分割するのは複雑な運動をよく知ったわかりやすい運動で表すために行うのです。

おすすめの記事

速度と速さの違いはベクトルかスカラーか!|物理勉強法

2018/11/09

位置エネルギーの基準の選び方で重力をマスター|物理勉強法

2018/11/09

接触力と遠隔力から働く力を見つけ出そう!|物理勉強法

2018/11/09