評論文読解のコツ② 主張ってどうやって見つけるの?~逆接編~

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

突然ですが、評論文の問題で問われるものって何でしょう?

 

実はどの評論文も、問題として出されるものは一緒だったりします。

「どういうこと?」と思った人、まずはこれを覚えましょう。

 

評論文で問われるのは、筆者の主張です。

よく聞く言葉ですよね?

「筆者は何が言いたいのかな?」とたいていは言っているのです。

例外もあります。が、5問中4問、少なくとも3問はこれです。苦手な人はここから抑えるのが近道でしょう。

 

では筆者の主張を見つけていく公式を覚えていきましょう。

 

逆説表現のあとは主張!!

 

これは最重要ポイントです。

 

「しかし」「だが」「けれども」

こういったものが逆説表現です。

これに続く言葉が、筆者の主張となります。

 

難しい事ではないのです。

主張とはつまり、筆者が一番伝えたいこと。

 

A「君のことが好きなんだ!」

B「えっ、私頭悪いし、足も遅いし、顔だって可愛くないよ?」

A「でも、君が好きなんだ!!」

 

この場合、AくんがBちゃんに一番伝えたいのは「君が好きなんだ」ということ。「でも」の後ろに来ている言葉ですね。

評論文の筆者だって同じです。伝えたいことの前には逆説表現を置くのです。

 

まとめますと、

評論文では筆者の主張を探す。

筆者の主張は逆説表現の後ろに書かれている。

この記事で言いたいことはこれだけです。

 

筆者の「話している内容」は難しいかもしれませんが、「話し方」は私たちと変わらないんですよ?

 

より詳しく知りたい方は以下のリンクへどうぞ。

 

評論文読解のコツ①~現代文は”読んで”はいけない!~

評論文読解のコツ③ 主張ってどうやって見つけるの?~要約編~

評論文読解のコツ④ 主張ってどうやって見つけるの?~具体例編~

評論文読解のコツ⑤ 理由ってどうやって見つけるの?

 

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio