大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

武蔵小杉・岐阜・松本・オンライン
お近くの校舎をお選びください
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
長野県松本市中央1-15-7 ハネサム松本202
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
さっそく無料で
お問い合わせしてみる
2018/11/09公開

神経鞘(髄鞘)は跳躍伝導があるので早いのだ!|生物勉強法

神経鞘(髄鞘)によって伝達が早まるのはなぜなのか。

 

結論から書くと、

 

有髄神経は髄鞘と髄鞘の間にあるランビエ絞輪を跳躍伝導するため、伝達速度が速くなるから、なのです。
 
 

神経鞘(髄鞘)は、軸索に何重にも巻き付いていて、電線の周りを包む絶縁体の役割をしているもので、電気信号が混ざらないようにする働きをしています。

この神経鞘(髄鞘)は一定の間隔で途切れていて、軸索が露出した部分がくびれのようになっています。

このくびれの部分を『ランビエ絞輪』と呼び、電気信号がくびれからくびれへと神経鞘(髄鞘)を飛び越えて伝わっていく『跳躍伝導』によって伝導速度を速めることができます。
 
 
つまり、

細胞膜に沿って通過する無髄神経よりも、跳躍伝導の仕組みを持つ有髄神経の方がより伝達スピードが早くなるということになります。

おすすめの記事

ニューロンとシナプスの違いとは?丁寧に説明!|生物勉強法

2018/11/09