自分と社会の
「ちょっと」先を考える

2018/11/09公開

酵素は生体触媒として化学反応を促進する物質!|生物勉強法

生物の体内にはたくさんのタンパク質が存在しています。

生物の体内にあるタンパク質の代表は、酵素です。

 

酵素生体触媒とも呼ばれ、体内で起こる化学反応を触媒(促進)します。


この酵素には、最適温度や最適pHという、酵素が働く上でのベストなコンディションというのがあります。

 

「最適温度は40℃くらいで…最適pHは7くらいでしょ?」

っていう人、気を付けてください。

 

たしかに、ヒトの体内に存在する酵素の最適温度はそれくらいです。

 

そしてヒトの体内にある酵素のほとんどが、最適pHは中性の範囲にあります。

 

ですが、温泉に住み着いている細菌類の体内にある酵素の最適温度はもっと高いです。

 

また、ヒトの胃のなかにある酵素の最適pHは、もちろん酸性の範囲にあります。

 

このように、酵素によってそれぞれ固有の最適温度や最適pHをもっているのです。

 

このことを忘れているとわからない問題って結構ありますよ。

 

しっかりと覚えておきましょう。

 

おすすめの記事

【ミオグロビンとヘモグロビン】違いは説明できる?

2018/11/09
チョットーク運営のtyotto塾
全国に展開中
神奈川
武蔵小杉
神奈川県川崎市中原区下沼部1760 カインド玉川4F
神奈川
川崎
神奈川県川崎市幸区大宮町14-4川崎中野ビル2F
埼玉
大宮
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-40 ニコニコ堂大宮本店ビル10F
千葉
千葉県柏市柏6-4-24 柏ビルディング6F
千葉
津田沼
千葉県船橋市前原町西2-14-2津田沼駅前安田ビル5F
大阪
上本町
大阪府大阪市天王寺区上汐3-2-17コモド上汐ビル7F
岐阜
岐阜
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2 新岐阜ビル2F
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。