大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

【ミオグロビンとヘモグロビン】違いは説明できる?

ミオグロビンとヘモグロビンってなんとなく似た言葉で、機能も構造もよく似ています。

でも、こんな所こそ入試に良く出るんです。

この違い、ちゃんと説明できますか?

 

ここでよく復習しておきましょう。

 

 

■ヘモグロビンとは

ヘモグロビンは、皆さんがよく知っているように、血液中の赤血球に含まれる、身体中に酸素を届ける機能をもつタンパク質です。

 

これはいいのですが、問題はミオグロビン。

 

 

■ミオグロビンとは

ミオグロビンは、筋肉のなかに含まれていて、筋肉で酸素が必要になるときまで、酸素を蓄えておく機能をもつタンパク質です。

ヘモグロビンと違って、血液中を移動することはほとんどありません。

 

皆さんはこの違い、理解できていたでしょうか。

理解できていなかった人はきちんと覚えておいてください。

 

ミオグロビンについてちょっとおもしろい記事を作ってみました!受験にもきっと役に立ちます!合わせて見てください!

http://withdom.jukendou.jp/articles/211

おすすめの記事

酵素は生体触媒として化学反応を促進する物質!|生物勉強法

2018/11/09