粗面小胞体と滑面小胞体の違いとは?丁寧に説明|生物勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

粗面小胞体と滑面小胞体の違い、説明できますか?

授業でおろそかにされがちなところは、入試で「痛いところを突く」問題として出ます。

この粗面小胞体と滑面小胞体の違いを説明される問題も、そういった感じの問題として出やすいです。

覚えておくと役に立つ知識です。

 

では、この二種類の小胞体の違いはなにか、説明していきます。

 

 

■滑面小胞体

滑面小胞体は、コレステロールやステロイドホルモンの合成、カルシウムイオンの貯蔵を行う細胞小器官です。

その名の通り、表面が滑らか(なめらか)なのが粗面小胞体との外見の違いです。

 

 

■粗面小胞体

粗面小胞体は、膜上にリボソームがくっついていて、さまざまなタンパク質の分泌に関わる細胞小器官です。

リボソームがくっついているため、表面が滑らかでなく、粗いのが、滑面小胞体との外見の違いです。

 

この2つの細胞小器官の違いとして覚えておくべきポイントは、

 

粗面小胞体の膜上にはリボソームが付着していて、さまざまなタンパク質の分泌に関わるが、滑面小胞体は分泌には関わらない。

 

ということです。

 

これは、ホルモンの単元でもつかう知識です。

 

必ず覚えましょう!

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio