DNAと遺伝子とゲノムの違い!3つは混同注意|生物勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

だれもが混同しがちなこの3つ。

実は、それぞれまったく違う意味をもっています。

 

まず、DNAとは何か。

 

■DNAとは

DNAは、デオキシリボ核酸という「化学物質の名前」を表す言葉です。

デオキシリボース、リン酸、ATGCの塩基からなるものであれば、どんな状態であれDNAと呼んで差し支えありません。

 

次に、遺伝子。

 

■遺伝子とは

遺伝子とは、DNAの特定の領域を示すときに使われる言葉

 

たとえば、

 「a遺伝子はAタンパク質をコードする領域である」

 というように使われます。

 

さいごに、ゲノム。

 

■ゲノムとは

ゲノムとは、その生物が持っている遺伝情報のすべてのことです。

ゲノムという言葉にはたくさんの定義がありますが、受験のときはこれを覚えておくのがよいでしょう。

 

 

●最後に●

遺伝子、DNA、ゲノム…違いはわかりましたか?

 

それぞれの言葉の意味を30文字程度でまとめられるようにしておきましょう。

 結構入試で出ますよ。

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio