動名詞と不定詞の名詞的用法の違いを簡単に説明|英語勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

「~すること」と訳すことでおなじみの、動名詞と不定詞の名詞的用法って、同じなの?実は何か違うの?

今回は動名詞と不定詞の名詞的用法の、違いについて説明していきます。

動名詞と不定詞(名詞的用法)のおさらい

まずは、動名詞と不定詞(名詞的用法)について、軽くおさらいしておきましょう。

まず動名詞は、動詞の原形 + ing の形で「~すること」と訳し、名詞句を作ります。

例えば、

I like reading English books.

「私は英語の本を読むことが好きです」

のように、「読む」という動詞を「読むこと」という風に名詞っぽくすることができます。

なので、「動名詞」という名前なのですね。

不定詞(名詞的用法)は、to + 動詞の原形 の形で「~すること」と訳し、動名詞と同様名詞句を作ります。

例えば、

I like to read English books.

「私は英語の本を読むことが好きです」

のように、「読む」という動詞を「読むこと」という風に、動名詞と同様に名詞っぽくすることができます。

なので、不定詞の「名詞的用法」という名前なのですね。

ん?ということは、動名詞も不定詞(名詞的用法)も、全く同じ意味なの?

この例では、似た意味として使えましたが、動名詞も不定詞(名詞的用法)は実はいろんな点で異なるのです。

 

動名詞と不定詞(名詞的用法)の違い

動名詞と不定詞(名詞的用法)では、主に以下の点で異なります。

  1. 動名詞は前置詞の目的語になれる
  2. 動名詞は意味上の主語を指定できる
  3. 動名詞は、実際にすること・したとこを表し、不定詞(名詞的用法)は、これからすることを表す傾向がある

1.動名詞は前置詞の目的語になれる

前置詞の目的語というのは、例えば

I’m interested in Japanese history.

「私は日本の歴史に興味がある」

では、Japanese historyが 前置詞 in の目的語になります。

そして動名詞は、この前置詞の目的語になれ、例えば

I’m interested in reading English books.

「私は英語の本を読むことに興味がある」

のように動名詞を使って、「英語の本を読むこと」を目的語にすることができます。

一方、不定詞は前置詞の目的語にはなれません。したがって、

× I’m interested in to read English books.

とすることができません。

 

 2.動名詞は意味上の主語を指定できる

通常、動名詞の意味上の主語は、文全体の主語と同じになります。

He insisted on paying the bill.

「彼は、(彼が)会計を払うと主張した」

一方例えば、「彼が私に会計を払え」と主張したとすれば、動名詞payingの意味上の主語はになるわけですが、この場合、

He insisted on me paying the bill.

「彼は、私に会計を払えと主張した」

とすることができます。

これは不定詞にはできません。

 

3.動名詞は、実際にすること・したとこを表し、不定詞(名詞的用法)は、これからすることを表す傾向がある

  • 目的語に動名詞をとる動詞
  • 目的語に不定詞をとる動詞
  • 目的語に動名詞・不定詞両方をとるが意味がことなる動詞

を覚えたと思いますが、これらを覚えないといけない理由が、動名詞・不定詞(名詞的用法)が意味することが実は違うからなのです。

例えば、目的語に動名詞をとる動詞 finish (やめる)を考えると、そもそもそのやめる動作を実際にしておかないと、やめようがないですよね?

なので、finish には動名詞が伴って、不定詞だと意味がおかしくなってしまいます。

一方、目的語に不定詞をとる動詞 hope (望む)は、これから何かすることを望むわけで、実際にしてしまっていることを望むのではないですよね?

なので、hope には不定詞が伴って、動名詞だと意味がおかしくなってしまいます。

また、目的語に動名詞・不定詞両方をとるが意味がことなる動詞 forget (忘れる)は、実際にすでにやったことを忘れる場合は動名詞を伴い、これからすることを忘れる場合は不定詞を伴います。

I forgot meeting her before.

「私は、彼女に以前会ったことを忘れた」・・・ えぇっと、誰だっけ?みたいな感じです

I forgot to meet her this morning.

「私は、今朝彼女に会うことを忘れた」・・・会う約束をすっぽかした感じです

このように、動名詞を使うか不定詞を使うかで、意味が全く変わってきますので、注意してください

 

まとめ

このように動名詞、不定詞(名詞的用法)は「~すること」という訳し方では同じですが、表現できることやその内容が動名詞・不定詞で随分と異なります。

これから先、動名詞・不定詞に出会ったら、このあたりの違いを意識してみてください。英語の奥深さを感じることができると思いますよ。

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio